【0〜4歳】買ってよかったおすすめ知育玩具・おもちゃ 29選

簡単!看護師に教えてもらった子どもに鼻かみを教えるコツ・方法

 

子どもに鼻をかむ練習をさせていますか?

 

うちの3歳の長女は、なかなか要領をつかむことができず、鼻かみに苦労しましたが、看護師さんに教えてもらった方法を試してみると、すぐにかめるようになりました。

 

今回は、看護師に教えてもらった子どもが簡単に鼻をかむ方法を紹介したいと思います。

 

鼻かみは、早く覚えさせたほうが良い

鼻かみは早く覚えさせたほうが良い

 

たかが鼻かみ・・と思ってしまうかもしれませんが、実はとっても大切なことなんです。

 

鼻をかまない状態が続くと、鼻水をすすってしまいます。

鼻水をすすると、鼻水が中耳の方へいくことがあります。

鼻水の中には細菌やウィルスがたくさん含まれています。

そのため、鼻づまりが起こって鼻をすする回数が多くなると、中耳炎を発症しやすくなります。

 

特に赤ちゃんはや小さな子どもは、鼻と耳をつなぐ耳管が大人に比べて太く、短く、角度も水平に近いので鼻水が耳に行きやすくなります。 

 

また、鼻が詰まっていると口呼吸の原因にもなります。

口で呼吸をするだけで、

  • 病気を引き起こしやすくなる
  • 歯並びが悪くなる
  • 虫歯や歯周病になりやすくなる

の、問題が発生します。

 

口呼吸がクセになる前に、しっかりと鼻をかむ習慣を身につけ、鼻が詰まったらちゃんとかめる子になってもらいましょう。

 

看護師に教えてもらった子どもが簡単に鼻がかめるようになる方法

f:id:nijimamajyuken:20171102144433j:plain

 

最初、長女と鼻をかむ練習をしていたときは、

「鼻ちーんってするんだよ」

「ふーん!ってしてみて」

と、かむマネをして教えました。

 

そしたら長女「ちーん!」「ふーん!」て口で言うんです。 

それを繰り返していたらできるようになったという話も聞いたことがありますが、ウチの子はダメ。

 

「お誕生日ケーキのろうそくを鼻で消すイメージで」と具体的に伝えてもダメでした。

 

どうしようかな・・と思っていたら、看護師さんがカンタンにかめるようになる方法を2つ教えてくれました。

 

1. 鼻てっぽう作戦

 

片方の鼻の穴ににティッシュを詰め、もう片方の鼻の穴を指で塞ぐ。

そして「ふーーーん!」と鼻から息を吹くことができれば、ぽーーん!とティッシュが飛ぶという作戦。

 

この方法は楽しいだろう!と思ったのですが、長女は「恥ずかしい・・そんなことできない」と女子力高めの答えが返ってきました・・。

男の子には絶対おすすめな方法です。

 

2. ティッシュを広げて置く作戦

 

ティッシュを平らなところに置きます。

それにめがけて鼻から息を吹きます。

ティッシュが動けば成功!

お風呂の中で、湯船に向かって息を吹くのも良いですね。

 

ウチの子は、この方法で大成功!

「やったー!ひとりで鼻かめたよ〜!!」と大喜びでした。

 

まとめ

看護師さんに教えてもらった、簡単にできる鼻かみ方法を紹介しました。

鼻かみができないと、3つの不都合が生じます。

  1. 鼻づまりが起こって鼻をすする回数が多くなると、中耳炎を発症しやすくなる
  2.  鼻が詰まっていると口呼吸になってしまう
  3. 口呼吸になると、病気になりやすくなる・歯並びが悪くなる・虫歯になりやすくなる

 

鼻をかむ練習は、長女も親の私も少なからずストレスがありました

看護師さんに教えてもらった方法だと、ゲーム感覚で楽しくコツを掴むことができました

中耳炎にならないためにも、口呼吸をさせないためにも、できるだけ早く鼻かみを習得させてあげたいですね。

鼻かみを教えるのにお困りの誰かのお役に立てたら嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です