【0〜4歳】買ってよかったおすすめ知育玩具・おもちゃ 29選

幼児教室の先生直伝!幼児が簡単に覚えられる足し算の教え方

 

3歳になる長女はちょっとの間、幼児教室に通っていたことがあります。

 

そのとき、幼児教室の先生に教えてもらった「足し算手遊び」とても有効!でした。

隙間時間にできて、勉強の感覚がなく、楽しくできる!

足し算の導入にぴったりです。

 

小学生になると、勉強は義務になります。 

そうなる前に、楽しく、足し算の感覚を掴んでおくことが大切なんだそうです。

足し算は早いうちに覚えるほうが絶対、得です。

 

今回は、幼児教室の先生に教えてもらった手遊びでできる足し算 を紹介します。

 

まだ数の概念を理解していない場合は『3歳児が数の概念を理解する3つの教え方』を参考にしてみてください。

 

足し算手遊びのやり方

f:id:nijimamajyuken:20171012135530j:image

やり方はとっても簡単。

 

写真のように、

指で「2」や「3」をつくり、

「合わせて いくつ?」と聞くだけです。

逆光すみません・・。

 

最初は指を数えてもOK。

徐々に数えなくても記憶して答えられるようにしていきます。

 

先生によると、

幼児さんは「0」理解し難いそうなので「0」の問題も、忘れず出題してください。

例えば、片手がグー、もう一方は「3」の形をつくり、合わせて「3」の問題を出す、といった具合です。

 

子どもに先生役をさせると伸びる

 

ある程度できるようになってきたら、子どもに先生役をさせるように促してみてください。

「これはいくつでしょうか?」という感じで親に問題を出させるようにします。

幼児教育の先生の話によると、子どもが先生役をさせることで覚える力がぐんぐん伸びるとのこと。

正解が分かっていないと先生役はできません。

ぜひ、面倒でも子どもに先生役をさせてあげてください。

 

うちの子も先生役をするようになってから、すいすい答えられるようになりました

 

 まとめ

 

幼児が簡単に覚えられる足し算の教え方を紹介しました。

この手遊びは、病院の待ち時間や、電車の中でも手軽にできるので、とってもオススメ

お金もかかりませんしね。笑

 

お子さんが先生役をやり出したら「〇〇先生!」と子どもの名前に先生を付けて呼んであげると喜んでやってくれます。

足し算導入にぜひやってみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です