トラウマおばけ絵本「ねないこだれだ」はしつけ絵本ではなかった!

ねないこだれだ

「ねないこだれだ」のことを、子どもを脅して親の言うことをきかせる絵本だと思っていた にじまま( @nijimama_m)です。

「ねないこだれだ」は超人気ロングセラー絵本。

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本)

この絵本を読み聞かせると、たちまち子どもは9時までに寝るようになる・・とよく聞きます。

怖いおばけ効果で、早く寝てくれるようになるしつけ絵本として有名です。

でも、作者の話によると「しつけ絵本ではない」そうなんです・・。

この記事では「トラウマおばけ絵本「ねないこだれだ」はしつけ絵本ではなかった!」について書いていきます。

「ねないこだれだ」はしつけ絵本ではなかった・・!

にじまま

私はずっと「ねないこだれだ」を、子どもを脅して寝かしつける絵本だと思っていました。

我が家では、子どもを脅して親の言うことを聞かせるようなことは、しないようにしています。

なので、「ねないこだれだ」は私の中で読み聞かせたくない絵本のひとつでした。

f:id:nijimamajyuken:20170803150056j:image

 

そんな中、2歳の娘が保育園で読んでもらい気に入ったらしく

にじまま

おばけの絵本ほしい

と毎日お願いしてくるようになりました。

どうしようかと考えていたところ、作者のせなけいこさんの記事を見つけました。

この本はよく、しつけのための本と間違われるのですが、

そんなつもりで書いたのではありません。

私の本にでてくるおばけは、子どもを脅すおばけではないんです。

おばけは、おばけの世界で自由気ままに生きている。

そして、子どもはそのことを知っているのです。

だからちょっぴり怖くても、

やっぱりおばけが好きで仕方ないんです。

しつけをしたり、脅したりするおばけだったら、

子どもが好きになるはずないじゃないですか。

引用:名作絵本「ねないこだれだ」の意外な真実 | 読書 | 東洋経済オンライン 

この記事を読んで、親である私が「早く寝ないとおばけが出るよ」って言わなければ、脅しにはならないと気づき、2歳の娘の希望どおり、買ってあげることにしました。

毎日読んでと言ってくるほど、娘は「ねないこだれだ」を気に入りました。

ですが、怖いのも事実・・。

日によっては最後まで読めない日もありました。

特に寝る前に読むのが怖いようです。

それでも毎日「読んで」と言ってくるのは、娘にとっておばけが魅力的な存在なのだと感じました。

私自身、おばけに愛着がわいてきました。


「ねないこだれだ」はグッズも豊富。

写真のマスキングテープ、かわいいですよね。

Tシャツなんかも出ているようで、欲しくなってきました・・。

「ねないこだれだ」のグッズを見に行く ⇒

まとめ

この記事では「トラウマおばけ絵本「ねないこだれだ」はしつけ絵本ではなかった!」について書きました。

ねないこだれだ

やっぱり「おばけの せいかいへ とんでいけ」って衝撃ですよね。

子ども、ほとんどおばけになってるし。

小さい頃、怪談話で盛り上がったのを思い出しました。

世代を超えてもおばけの話は楽しいんですね。

「ねないこだれだ」で衝撃を受けていたら、京極夏彦さんの「いるのいないの」を見たら、もっと衝撃でした。

大人が見ても怖すぎる絵本です・・。

うちの子が読んだら夜寝られないかな・・。

おすすめ知育玩具20選【知育玩具のおすすめ20選】買ってよかった後悔しないおもちゃ【0〜4歳年齢別】 くもんの知育玩具【くもんの知育玩具おすすめ9選】買ってよかった公文式おもちゃ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です