【1歳のおすすめ絵本】読み聞かせが楽しくなる10選

1歳におすすめ絵本

読み聞かせを大切にしている にじまま( @nijimama_m)です。

うた200 読み聞かせ1万 賢い子 というスローガンを知り、3歳までに達成するため毎日せっせと読みました。

1歳になると、絵本への反応がさらによくなり、読み聞かせが楽しくなります。

絵本を毎日読み聞かせることで、語彙が増え、集中力がUPします。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

人間の脳は3歳までに80%完成するそうです。

この時期しっかり読み聞かせして、脳にたくさん良い影響を与えてあげたいですね。

この記事では「【1歳のおすすめ絵本】読み聞かせが楽しくなる10選」を紹介していきます。

1歳のおすすめ絵本:1歳前半〜

0歳からのお気に入り絵本は引き続き読み、1歳から始める絵本は、少し厚みのあるお話がいいですよね。

少しお話が長くなっても、リズムが良く楽しめる絵本を選びました。

ねずみくんのチョッキ

いろいろな動物が、ねずみくんのチョッキを着ていきます。

そのくり返しなのですが、大きさの違う動物たちが着ていくので、子どももドキドキしながら聞いています。

うちの子は「すこしきついがにあうかな?」というセリフが気に入ったらしく、よく言っていました。

こぐまちゃんおはよう

小さな子どもの基本的な1日の流れが描かれています。

朝起きたら顔を洗う

うんちは毎日する

こぐまちゃんは、夜ひとりで寝てしまうんです。

すごいなあ、こぐまちゃん。

うちの子はまだ無理かなー。

さよならさんかく

「さよならさんかく またきてしかく」のうた遊びからはじまります。

この絵本で、色や形が覚えられます。

1歳児には読み応えがありますが、リズムやフレーズが楽しいので、最後まで聞けると思います。

途中でつまんなそうにしたら、しばらく経ってから読み聞かせチャレンジしてみてください。

ノンタンボールまてまて

「ボール、ぽーん、ぽーん、ぽーん」というリズムが楽しく、子どもが夢中になります。

ボール探しをしたり、めいろのページもあって、知育要素も盛りだくさん。

読み聞かせと同時にボール遊びをはじめると、ボールがより身近なものになって、もっと絵本を楽しめます。

しー!ひみつのさくせん

怪しい4人組が、森で小鳥をつかまえようとします。

作戦どおりに実行しない子がいて、他のみんなが「しー!」という様子に子どもは大笑い。

うちの子は、この絵本で人差し指を口に当てて「しー」ができるようになりました。

配色のセンスが素晴らしく、親である私もお気に入りに1冊です。

1歳のおすすめ絵本:1歳後半〜

読み聞かせを続けていると、子ども自身、絵本を読むことが習慣になってきます。

この時期からちょっとだけ難しい絵本を読んであげてもいいですね。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

難しすぎると聞いてくれないので「ちょっとだけ」がポイントです。

親があまり欲張りすぎないチョイスにすることが大切です。

わたしのワンピース

うさぎさんが作ったワンピースが風景によって柄が変わっていくというファンタジー。

「ラララン ロロロン」のくり返しリズムが、子どもに心地よく届きます。

うちの子は、「わたしににあうかしら?」と読むと、「にあう、にあう!」と答えてくれます。

おおきなかぶ

読み聞かせのド定番「おおきなかぶ」。

「うんとこしょ、どっこいしょ」のくり返しフレーズが子どもの心を掴みます。

うちの子も引っ張れそうな物があれば「うんとこしょ、どっこいしょ」していました。

created by Rinker
子どもの文化普及協会

14ひきのあさごはん

ねずみの家族が全員で朝ごはんの準備をします。

小さい子たちもしっかりお手伝いしている姿がほほえましい。

うちの子はお話だけでなく、絵本の細部に描かれている虫や小さな動物たちに夢中です。

読むたびに発見がある絵本です。

ライオンさんカレー

ライオンさんのカレー作りのお手伝いができる参加型の絵本です。

うちの子はいつも張り切って、ライオンさんのお手伝いをします。

読んでいるうちにカレー作りの手順も覚えてしまいました。

ごっこ遊びがはじまる1歳にぴったりな絵本です。

でんしゃにのって

うららちゃんが1人で電車に乗っておばあちゃんの家に向かいます。

いろいろな動物たちが乗ってきて、みんなが座れるようにみんなで心を配ります。

うちの子は、うららちゃんがきっぷを落とすシーンが大好きです。

何度も何度も読み返し、全部内容を言えるほど気に入っていました。

オチがちょっと怖いところもいいようです。

1歳のおすすめ絵本:読み聞かせで語彙力UP

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

1歳はことばを習得する時期で、二語文を話すようになります。

子どもがたくさんことばを話すためには、パパやママとの触れ合い・語りかけが1番です。

絵本は、親子の触れ合いや語りかけに最適なツールです。

活用して、子どもの語彙を増やしてあげましょう。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

少しずつ会話ができるようになると嬉しいですよね!

絵本はたくさん読めば読んだけ効果があります。

読み聞かせでかしこい子を育てるコツはコチラ ⇒

読み聞かせのコツ【絵本読み聞かせのコツ】かしこい子を育てる効果的なポイント

余裕があるときは、いつもより多めに読んであげてもいいかもしれません。

1日30冊絵本を読むと天才児になるって本当? ⇒

絵本読み聞かせ1日30冊 読んだら天才児_【絵本の読み聞かせ効果】1日30冊読んだら天才児って本当?

1歳のおすすめ絵本:まとめ

この記事では「【1歳のおすすめ絵本】読み聞かせが楽しくなる10選」について書きました。

1歳は二語文を話すようになる時期です。

語彙を増やすために絵本を活用し、どんどん話せる子どもに育てていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

にじまま( @nijimama_m)でした。

読み聞かせのコツ【絵本読み聞かせのコツ】かしこい子を育てる効果的なポイント 絵本読み聞かせ1日30冊 読んだら天才児_【絵本の読み聞かせ効果】1日30冊読んだら天才児って本当? 色の絵本いろいろ6選 色覚えから色彩感覚までおすすめを紹介色の絵本いろいろ6選 色覚えから色彩感覚までおすすめを紹介 トイレトレーニングに最適な絵本【おすすめ】トイレトレーニングに最適な絵本7選
年齢別おすすめ絵本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です