【年齢別】くもんの知育玩具・カードで買ってよかったもの失敗したもの

ハイハイさせてる?保育士に聞いた歩きたい1歳児にハイハイさせる方法

ハイハイをたくさんさせた方がいいですよ。

ハイハイが丈夫な体をつくりますよ。

なんて、よく聞きませんか?

私は散々聞かされました。

 

そのたび、歩いてる子にハイハイなんて難しすぎるっと、思っていました。

 

特に女の子はお母さんや大人の真似をするのが好きだし、それに加え1歳になったばかりの次女には「お姉ちゃん」という身近な目標が目の前にいるので

 

歩きたくて仕方ない!

そんな子にハイハイ?

 

そのことを、現役で保育士の主任をしている妹に伝えたところ、1歳児でも、歩くことが好きな子でもハイハイさせる方法があるいうのです。

今回は、保育士の妹から聞いたハイハイをたくさんさせるコツを紹介します。

 

なぜ “ハイハイ” をたくさんしないと いけないのか?

f:id:nijimamajyuken:20171017144551j:image

1歳前後になってくると、ハイハイばかりしていた子も歩き始めたりします。

 

そんなとき、「歩いた!可愛い~!!」と、親なら嬉しくなります。

子どもの歩く姿はとっても可愛いのです。

 

早い時期に歩き出すと「うちの子歩くの早い~!」と喜びがちです。

ですが、子どもにはしっかりとハイハイさせなければなりません。

 

ハイハイをさせたほうが良い理由

 

腕と上半身の筋力を鍛えるためなんだそうです。

 

腕と上半身に筋力があると、転んだとき受け身が上手に取れるようになるなります。

走ったり、跳んだり、跳ねたり。子どもの遊びは活発です。

そして、すぐ転んでしまいます。

 

前に転んだときは、手をつかなければなりません。

→ それには、腕の力が必要です。

 

後ろに転んだときは、背中を丸めて尻もちをつかなければなりません。

→ それには、腹筋に力を入れて背中を丸めなくてはなりません。

 

前に転んで顔を打ったとか、後ろに転んで頭を打ったとか、そういう子は、腕と上半身の筋力不足が原因なんだそうです。

うちの長女のことかも・・

 

小さい子に腕と上半身の筋力を鍛えるにはハイハイが1番。

ハイハイをたくさんさせることが子どもが転んだとき、大きなケガをさせない大切なプロセスなのです。

 

ハイハイをたくさんさせるコツ

f:id:nijimamajyuken:20171017144216j:image

では、歩くことが楽しくなってきた1歳前後の子にハイハイさせるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

保育士の妹によると、親が一緒にハイハイすることなんだそうです。

ハイハイだけでなく、高ばいをさせるようにするとさらに筋力アップします。

※高ばいとは、膝をつかないハイハイのこと。

 

親が率先して高ばいし、子どもにさせるようにします。

親の筋力もアップしそうですね。笑

 

また、お家に階段があるなら階段を上らせるといいそうです。

 

腕と上半身の筋力を鍛えるアクショントイ

 

お家に置くスペースがあるならアクショントイで鍛えるのもおすすめです。

 

ベビートンネル

(イークスン) EocuSun 子供用テント セット 折り畳み式 トンネル バスケットネット 収納バッグ付き 改良版 秘密基地 お誕生日 出産祝いのプレゼント (紺色)

ハイハイを促すベビートンネル。

これなら子どもから積極的にハイハイしてくれますよね!

児童館に置いてあるのですが、次女は毎回喜んで遊んでます。

ジャングルジム

プレミアム おりたたみロングスロープ キッズパーク (エレガント)

自然と腕を使って遊んでくれるので上半身の強い子を育てることができるというジャングルジム。

うちは張り切って、このジャングルジムを2年程前に買いました! 滑り台、ブランコ付。

目は離せないけど、1歳0ヶ月の二女は滑り台を逆走したり、ジャングルジムに登ったり。

かなり鍛えられてます!

 

最後に。

この記事を書いていたら、次女よりも3歳9ヶ月の長女のほうが上半身鍛えないとダメかも・・と思ってきました。

長女は、次女より大人しい子だったので運動量が少なかったのかも。

 

対策として、家族みんなで高ばい競争をしようと思います!

小さい子向けの体操教室で高ばいさせているのを見かけますし、今からでも遅くないでしょう!

私も本気で挑めば産後崩れた体型にも効くかも!?

だったら一石三鳥ですね!

 

今日から早速やってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です