【年齢別】くもんの知育玩具・カードで買ってよかったもの失敗したもの

ひらがな練習に効果あり!ニンテンドーDSゲームソフト「ドラがな」

この記事は、3歳の娘がニンテンドーDSのゲームソフト「ドラがな」を実際に使ってみて、思っていた以上の効果があったので紹介しています。

ひらがなを書く練習を子どもと一緒にするのって、大変ですよね。

もっと練習をして欲しいのに、すぐに飽きてテレビを観たり、おもちゃで遊びだしたりして、ちっとも書く気にさえなってくれない。

でも、ひらがなの練習が楽しいゲームだとしたら。

「ドラがな」は、毎日ゲームをしながら楽しくひらがなが書けるようになるニンテンドーDSソフトです

外出するときに持って行くことも簡単で、外食の待ち時間に楽しく暇を潰しながらひらがな・カタカナを理解していくことができます。

これから、ひらがなを書く練習をさせようと思っている方は、ぜひ「ドラがな」も検討してみてください。

この記事が、少しでもお役に立てると嬉しく思います。

ひらがなを読む練習をしたい方には学研の『あいうえおタブレット』がおすすめです。
Check ひらがな練習知育玩具『学研あいうえおタブレット』の効果がすごい

幼児はひらがなを書くだけで疲れる

私たち大人にとっては字を書くことなんて、たいしたことではありませんが、字のかけない幼児にとって書き取り練習は、疲れる作業です。

ひらがなを書く練習をして欲しいのに、すぐ飽きてテレビを観てしまったり、おもちゃで遊びだしたりして全然やってくれないのは、疲れて飽きてしまっている証拠

疲れる < 楽しい

であれば、毎日続けてくれるものです。

「ドラがな」は、楽しいゲームをやっているうちに、ひらがなが書けるようになってくれます。

ひとりで遊んでくれているうちに、ひらがなやカタカナを理解してくれるようになります。

ニンテンドーDS「かいておぼえる ドラかな」とは

線なぞりからはじめて、ひらがな、カタカナ、こどばや文を書くおけいこまで練習ができるソフトです。

ドラえもんと一緒に楽しく学んでいきます。

対応機種

ニンテンドー3DS LL/ 3DS と記載されていますが、2DSでも使えます。

ニンテンドー2DSとは

ちょっぴり画面(映像はすべて2D表示)はコンパクトながらも、さまざまなゲームが楽しめるゲーム機として、お求めやすい価格でご購入いただけます。

出典:ニンテンドー2DS|Nintendo

3DSの廉価版です。

ブルー、レッド、クリアブラック、ピンク、ラベンダーの5色展開。

うちはピンクを使用しています。

3歳児でも扱いやすい大きさです。

ニンテンドーDS「かいておぼえる ドラがな」の感想と口コミ

★「部品保証(14日間)付」 DSLite対応パーツ DS Lite・NDS対応パーツ ◆タッチペン ◆4本セット

最初苦戦したのは、タッチペンでした。

なぜか反応しないのです。

何が原因なんだろう・・と見ていると画面にタッチペンだけでなく手も触れていました。

3歳児には画面に触れずに字を書くのは難しそうでした。

しばらく様子を見て書けなさそうだったら、「ドラえもんタッチペン」を追加購入しようと思いました。

DSの付属ペンより大きく、小さな子どもにも扱いやすいそうです。

ですが、割と早く付属ペンに慣れてくれたので、うちはタッチペンを購入しませんでした。

ちょっと残念。可愛いから欲しかった。

まずは“線なぞり”からスタート

f:id:nijimamajyuken:20170724211002j:image

文字を書く前に線なぞりで慣らしていきます。

なぞる線がずれたら「ありゃま!」とドラえもんに言われます。

大幅にずれると「ネズミだぁぁ!」と、大嫌いなネズミに遭遇してしまい、もう1度やり直しとなります。

f:id:nijimamajyuken:20170724130047j:image

この練習で「書くコツ」を掴んでいきます。

ドラえもんは書き順もきちんと教えてくれる

f:id:nijimamajyuken:20170724130645j:image

ドラえもんは、きちんと書き順も教えてくれます。

書き順って最初が肝心。

親よりも、ドラえもんが言ってくれたほうが素直に聞いてくれるので、ありがたいです。

ごぼうびで学習意欲を継続

f:id:nijimamajyuken:20170724130527j:image

ゲームをひとつクリアすると、出来具合に合わせ金・銀・銅のメダルがもらえます。

「金が欲しい!」と、ドラえもん先生の思惑通りに学習を進めていく娘。

銀や銅だと「違う!」と言って何度もやり直していたので、かなり上達してくれました。

楽しい文字ゲームが充実

f:id:nijimamajyuken:20170724130608j:image

「もじもじランド」という、文字やことばを使ったゲーム広場があります。

上の写真がその広場です。

3歳の娘でも簡単に操作できていました。

ゲームの難易度は「やさしい」「むずかしい」の2つから選べます。

f:id:nijimamajyuken:20170724130619j:image

このゲームで繰り返し遊んでいるうちに、書くことだけでなく、読む速度が早くなり、さらにカタカナが完璧に読めるようになりました。

楽しく学ぶ効果は、本当にすごいです。

まとめ

  • 幼児はひらがなを書くだけで疲れる。⇒ 疲れる < 楽しい が続くヒケツ。
  • 「ドラがな」のゲームで遊んでいるだけで、ひらがなやカタカナが理解できるようになる。
  • 「ドラがな」は書き順もきっちり教えてくれる。
  • ゲームをクリアすることで、ごほうびメダルがもらえる。

遊んでいるうちにひらがなが書けるようになり、カタカナまで読めるようにしてくれた「ドラがな」。

ゲームで遊んでいるうちに文字を理解してくれるので、忙しい親にもおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です