ご訪問ありがとうございます。ただいまサイト移転作業中です。

男の子も意外とハマる!ファンタジーな絵本「わたしのワンピース」【あらすじと感想】

 

1969年に出版された絵本「わたしのワンピース」を紹介します。

うさぎ×ワンピースなので、女の子向けの絵本なのだと思っていたら

現役保育士の妹によると「男の子も意外と好き」らしいのです。

鮮やかな色使いと、心地よいリズムが、子ども達を夢中にさせてくれます。

 わたしのワンピースのあらすじ

空から落ちてきた真っ白な布(きれ)で、うさぎさんはミシンでカタカタ、ワンピースを作ることにしました。

お花畑を散歩すれば花模様のワンピースに、雨が降ってきたら水玉模様のワンピースに。

ワンピースが草の実模様になれば小鳥が食べにきて、小鳥模様のワンピースは空を飛びます。

ラララン ロロロン

ワンピースの模様は次々に変わっていきます。

ラララン ロロロン

わたしの すてきな ワンピース

 

わたしのワンピースを読んだ子どもの反応

うさぎさんの「わたしに にあうかしら」という問いかけに、

「似合う、似合う!」とこたえる2歳の長女。

もう今ではすっかり見なくなった黒い足踏みミシンにも興味津々。

f:id:nijimamajyuken:20170802115230j:image

ページをめくるたびに変化していくワンピースにくぎ付け。

言葉のない星空のページをめくろうとしたら「待って!」と言ってしばらく眺めていました。

f:id:nijimamajyuken:20170802115240j:image

まとめ

とても有名な絵本ですが、私が知ったのは親になってからでした。

手書きで温かみのある絵、ハッとするほど鮮やかな色使い、幻想的で夢のある物語。

こんなワンピースを着てしまったら、きっとどこまでも歩いていって、帰ってこれなくなってしまいそう。

今回は、男の子も意外とハマる!ファンタジー絵本「わたしのワンピース」を紹介しました。

絵本選びのお役に立てれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です