【3歳のおすすめ絵本】楽しくて学びにつながる10選【読み聞かせ】

3歳におすすめ絵本

毎日絵本を読み聞かせしている にじまま( @nijimama_m)です。

読み聞かせ時間を忘れないように、アレクサのリマインダーに登録しています。

うちの「アレクサ」の使い方 ⇒

Amazon Echo Dot が子育てに大活躍!子どもと楽しいアレクサ

3歳は、ことばの数がどんどん増えていく時期です。

3歳の特徴
  1. 理解できる語彙が急速に増える
  2. ことばのやりとりがスムーズになる
  3. 「なぜ」「どうして」の知的興味が高まる

絵本を読むと、どんどん語彙が増えます。

また、指でなぞりながら読み聞かせをすると、文字に興味を持ち、だんだん読めるようになってきます。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

人間の脳は、3歳までに80%完成するそうです。

この時期、たくさん脳に良い刺激を与えてあげたいですね。

この記事では、【3歳のおすすめ絵本】楽しくて学びにつながる10選【読み聞かせ】について書いていきます。

3歳のおすすめ絵本:総合

子どもが3歳のときの、お気に入り絵本を紹介します。

3歳からは、ストーリーのあるお話を読んでもしっかり理解してくれます。

11ぴきのねこ

言わずと知れたロングセラー絵本のシリーズ1作目。

とらねこ大将と10ぴきののらねこたちの、気ままなずるさと団結力に引き込まれます。

私も子どもの頃に読んだけど、大人になって読んでもやっぱり面白い!

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

11ぴきのねこシリーズはどれも面白いけど、1作目が1番好きです。

おまえうまそうだな

ちょっとした勘違いから、アンキロサウルスのお父さんになってしまったティラノサウルス。

ティラノサウルスは戸惑いながらも、どんどんお父さんになっていきます。

「おまえうまそうだな」は、感動する絵本として有名ですよね。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

お父さんから子どもに読んでもらいたい絵本です。

どうぞのいす

読み聞かせのド定番「どうぞのいす」。

うさぎさんの作った「どうぞのいす」が、優しさを連鎖していきます。

「どうぞ」の思いやりが、小さな子どもにも伝わります。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

プレゼントにも最適です!

3歳のおすすめ絵本:からだ

からだのことをよく知って、自分のことを大切にするきっかけになる絵本を紹介します。

はははのはなし

なぜ虫歯になってしまうか分かり、歯の大切さを知ることができます。

この絵本を読み聞かせると、自分からすすんで歯みがきするようになってくれます。

きちんと歯について理解し、大切にしてくれます。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

うちの3歳児は歯医者さんになりたいそうで、愛読しています。

おなら

タイトルを読んだだけで、子どもが大笑いします。

なぜゲップやおならが出るのか、くさいおならとくさくないおならの違いなど、科学的にコミカルに描かれています。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

表紙のぞうのイラストを見ただけで、子どもたちはニヤニヤしています。

いいタッチわるいタッチ

世界とくらべ、遅れている日本の性教育。

小さな子どもはプライベートゾーンを触られても「危険」と分かりません。

性犯罪の被害者にも加害者にもならないために、3歳から「いいタッチわるいタッチ」をぜひ読み聞かせしてあげてください。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

自分を守る知識を与えることは、親の大切な役目だと思います。

いいタッチわるいタッチのレビューはこちら ⇒

性教育絵本「いいタッチわるいタッチ」幼児の性教育は絵本「いいタッチわるいタッチ」がおすすめ!

3歳のおすすめ絵本:知育

3歳の知育にぴったりな絵本を紹介します。

1つの知識にかたよらず、いろんなジャンルの絵本を読んであげたいですね。

コんガらガっち あっちこっちすすめ!の本

「ピタゴラスイッチ」を手がける新進気鋭のクリエイター「ユーフラテス」が手がける絵本なだけあって、仕掛けがおもしろい!

しりとり迷路や、サイコロがなくてもできるすごろくなど、道を指でたどって楽しみます。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

うちの3歳児はこの絵本が大好きで、毎日何度も読まされます。

うちは「あっちこっちすすめ!」と「どっちにすすむ?」を持っていて、おもしろいので全シリーズ集めます!

100かいだてのいえ

100までに数唱に役立ちます。

数唱だけでは数は理解できませんが、数唱もできないといけません。

「100かいだてのいえ」シリーズなら、お話の内容を楽しみながら100まで数えることができます。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

数の理解を深めながら、100まで言えるようになると良いですね!

かずと数字のおすすめ絵本はこちら ⇒

かずと数字の理解が深まる絵本5選かずと数字の絵本おすすめ5選 楽しみながら理解できるものを紹介

数を理解するってどういうこと?⇒

数の感覚をも身につける方法 (2)【数の教え方】子どもに数の感覚を身につける方法【数の概念とは?】

寿限無

NHK Eテレ『にほんごであそぼ』の総合指導を務める齋藤孝先生の「声にだすことばえほん 」シリーズから「寿限無」をチョイス。

とくかく面白い!

ノラネコぐんだん」の工藤ノリコさんのイラストがすごくマッチしています。

子どもが3歳で「寿限無」をすべて言えるようになったときの「ドヤァ」は、忘れられません。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

「にほんごであそぼ」でもよく流れているので「寿限無」を言える子、けっこういますよね。

ぼく、だんごむし

だんごむしの生態が、分かりやすくシンプルな絵で描かれています。

だんごむしのうんちのかたちや、何を食べているかなど、知ることができます。

読み終わったあとは、だんごむしを探しに行きたくなります。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

だんごむしって興味深い生きもので、親も楽しめる絵本です。

あさがお

子どもとあさがおを育てる前、育てながら読みたい絵本です。

あさがおの種を植え、花が咲き、また種になる様子をていねいな説明と一緒に描かれています。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

リアルに描かれたあさがおが美しいです!

絵本「あさがお」のレビューはこちら ⇒

3歳の子どもと「あさがお」を育てることにしました

3歳のおすすめ絵本:長めの絵本にもチャレンジ

0歳から毎日読み聞かせをしている子なら、長いお話の絵本にも挑戦してみてください。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

親もが驚く集中力で、最後まで聞いてくれます。

うちの3歳半の子は、「ふたりはともだち」や「ぞくぞく村のミイラのラムさん」「エルマーのぼうけん」が今のヘビロテ絵本です。

次は「はれときどきぶた」にチャレンジしてみようと思っています。

3歳のおすすめ絵本:まとめ

この記事では、【3歳のおすすめ絵本】楽しくて学びにつながる10選【読み聞かせ】について書きました。

3歳は理解できる語彙が増え、親子で会話もできるようになり、楽しい時期です。

いろいろな絵本を読み聞かせして、どんどん成長させてあげたいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

にじまま( @nijimama_m)でした。

性教育絵本「いいタッチわるいタッチ」幼児の性教育は絵本「いいタッチわるいタッチ」がおすすめ! 3歳の子どもと「あさがお」を育てることにしました かずと数字の理解が深まる絵本5選かずと数字の絵本おすすめ5選 楽しみながら理解できるものを紹介 読み聞かせのコツ【絵本読み聞かせのコツ】かしこい子を育てる効果的なポイント
年齢別おすすめ絵本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です