【0〜4歳】買ってよかったおすすめ知育玩具・おもちゃ 29選

ベビーくもん3ヶ月目のリアルな口コミと評判!教材と面談の内容

 

我が家には現在生後9ヶ月の娘(次女)がいます。

その次女と3回目のベビーくもんの教材受け取り&面談に行ってきたので、教材と面談の内容を紹介します。

 

ベビーくもんは、忙しい親のために作られた、自宅でできる0〜2歳向けの幼児教育です。

月謝は2,160円。

月に1回面談があることが特徴です。

 

ベビークモン教材第3号の内容

f:id:nijimamajyuken:20170824141723j:image

 

3回目、第3号の教材は3点ありました。

  1. 保護者用冊子「やりとりレシピ」
  2. ベビーくもん書き下ろし絵本「あけてあけて」
  3. 「やりとりカード」

 

順番に詳しく紹介していきます。

やりとりレシピ3

f:id:nijimamajyuken:20170824174247j:image

 

保護者向け冊子「やりとりレシピ」。

最初のページには、ベビーくもんの教材の使い方や効果が書かれています。

月1回の面談で教材の使い方をレクチャーしてもらえますが、家に帰ってから目を通しておくとより使い方がわかります。

 

ベビーくもん3回目のテーマは「好き」をふくらませると、子は育つ  です。

f:id:nijimamajyuken:20170824174300j:image

 

子どもの「好き」を広げるには、膨らませるにはどうしたらいいのか、他のママ達はどうやって「好き」を膨らませているのかなどが掲載されています。

「自分で絵本が読めるようになっても、小学生になっても、一緒に歌をうたったり、絵本を読み聞かせしてあげて欲しい」というコラムが掲載されており、歌いかけ、読み聞かせを大切さを知ることができます。

 

絵本「あけて あけて」かとうまふみ

f:id:nijimamajyuken:20170824134920j:image

「あけて あけて」「パカッ」の繰り返えされる言葉に合わせて、箱の中から思いもつかない物が出てきます。

f:id:nijimamajyuken:20170824134909j:image

縦開きの絵本なので迫力があり、うちの子の反応はよかったです。

箱の中から何かができてくるということが楽しかったようです。

ちょっと絵は怖かった。笑

 

やりとりカード

今回のカードは「だれかな?カード」と「のりものカード」の2種類入っていました。

f:id:nijimamajyuken:20170824134934j:image

「だれかな?カード」は、後ろを向いた動物のイラストを見ながら「だれかな?」とカードを裏返すと、正面の姿があらわれます。

 

f:id:nijimamajyuken:20170824134945j:image

 

「のりものカード」は、子どもの好きなかっこいい乗り物のカードを裏返すと、動いている様子が見られます。

次女は「だれかな?カード」には大ハマりしましたが「のりものカード」はイマイチでした。

男の子なら反応がいいのかな?

 

月1回くもんの教室での面談内容

ベビーくもんの口コミ評判

 

ベビーくもんの最大の特徴は教材を渡しっぱなしではないこと。

月に1回30分程度の面談があり、教材の使い方をレクチャーしてくれたり、子育ての悩み相談を聞いてくれたりしてくれます。

ベビーくもん3回目の面談内容を紹介していきます。

1.ベビーくもんの教材の使い方説明

f:id:nijimamajyuken:20170824141723j:image

教材の使い方を、子どもの月齢や個性に合わせてレクチャーしてくれます。

2.童謡を一緒に歌う

今回は「チューリップ」「はと」の2曲を歌いました。

歌の時間になると嬉しそうにするので、次女は音楽が好きなんだな〜と改めて知ることができました。

 

3.絵本の読み聞かせ

月齢に合わせた絵本を先生がチョイスし、今回は2冊読んでもらいました。

今月の絵本は「どうぶつのおやこ」と「くろくまくんだれといっしょ?」の2冊でした。

 

「どうぶつのおやこ」には文字が一切ありません。 お母さんが物語を創作して語りかけます。

絵本の文字をただ読むより、赤ちゃんには反応が良いそうです。

 

くろくまくんが家族と写真を撮っていく話です。

おじいちゃんやおばあちゃんも登場します。

 

 4.マグネット貼りに挑戦!

くもん くろくまくんの絵あわせあそび マグネットでぴったん!

くろくまくんの絵あわせあそびマグネットに挑戦しました。

次女はくろくまくんが気に入って、ずっと食べていました。

くもんには「すうじ盤」という知育玩具があり、数と数の概念を理解するために最適と大人気です。

その「すうじ盤」の導入が、この絵あわせ遊びなのだそうです。

次女はまだ、くろくまくんを食べるばかりでしたが、終わり頃になると私が手伝いながらも、磁石を盤にくっつけられるようになってきました。

パズルの導入にもなるので、欲しいな〜と思いました。

 5.子育てアドバイス

子どもが将来伸びるかそうでないかは「記憶力の差」というお話がありました。

乳児期の大人との触れ合いは、記憶力に大きく関係するのだそうです。

両親だけでなく、おじいちゃん・おばあちゃん、おじさん・おばざんにたくさん触れ合えた子どもが記憶力を伸ばしていけるのだとか。

たくさん大人と触れる機会を作ってあげることが大切なのだそうです。

6.月何冊読み聞かせができたかチェック

f:id:nijimamajyuken:20170718112203p:plain

読書記録カードに毎日読んだ絵本を記録し、1ヶ月で何冊読み聞かせができたかチェックします。

 

まとめ

ベビーくもん

 

ベビーくもん3回目の教材内容と面談内容を紹介しました。

 

ベビーくもんは月齢の目標設定がないので、気楽に進めることができます。

また、悩みがあれば月に1回のお教室で相談することもできます。

子育てをしていると、色々な人が色々な意見を言ってくるので、混乱することがあると思います。

そんなときの強い味方がくもんの先生です。

たくさんの子ども達を見てきている人の言葉には重みがあります。

ベビーくもんを検討している人のお役に立てたら嬉しいです。

ベビーくもん公式ページ
Baby Kumon(ベビーくもん) 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です