【年齢別】くもんの知育玩具・カードで買ってよかったもの失敗したもの

0~1歳が笑顔になるパンダ絵本「なーんだ なんだ」のあらすじと感想

 

0~1歳児が夢中になる絵本「なーんだなんだ」を紹介します。

赤・黒・白のはっきりした色が赤ちゃんの興味を誘う、とてもおすすめの絵本です。

「なーんだなんだ」の概要

著者:  カズコ・G・ストーン
出版社: 童心社
対象年齢:0・1歳から
ページ数:20ページ
サイズ: 21×18.7㎝
価格:  800円+税
発行年: 2004年

 「なーんだなんだ」のあらすじ

真っ白な丘の上に、黒い丸がひとつ。

なーんだ なんだ くろいのなんだ?

今度は白い丘の上に、黒い丸が2つになりました。

なーんだ なんだ くろいの ふたつ

ページめくるたびに、パンダさんがずんずんあらわれます。

「なーんだなんだ」を読んだ子どもの反応と感想

「なーんだなんだ」と言うだけで笑顔で近づいてくる10ヶ月の次女。

パンダさんがどんどんあらわれていくのも楽しいようですが、リズミカルな言葉の繰り返しも好きなようです。

はっきりした配色と、大きな絵が見やすいようで、お気に入りの1冊です。

f:id:nijimamajyuken:20170829132414j:image

3歳の長女には「なーんだぱんだ」と読んでみたりして、言葉遊びを楽しんでいます。

まとめ

次女が初めて自分から読んで欲しそうにしたのが、この「なーんだなんだ」でした。

絵本を持って「これ!これ!」と言ってきます。

読むと、とても嬉しそうにしてくれます。

センスも良いので、出産のお祝いにも喜ばれると思います!

今回は、0~1歳が笑顔になるパンダ絵本「なーんだ なんだ」を紹介しました。

絵本選びの参考になれば嬉しいです

この記事がお役に立てるかも?

次女は10ヶ月の頃から1歳までの3ヶ月間で1,000冊読み聞かせしました。

その中から反応が良かった絵本を50冊選んで紹介しています。

絵本選びの参考になれば嬉しいです。

Check【0歳〜1歳】赤ちゃんが喜ぶ読み聞かせ!おすすめ絵本50選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です