【くるくるチャイム くもんの知育玩具レビュー 】赤ちゃんの手先が器用になる公文式おもちゃ

くもんの知育玩具くるくるチャイム

これ良さそう!と思った知育玩具が、Amazonの「あとで買う」でいっぱいになっている にじまま(@nijimama_m)です。

この記事は、「くるくるチャイム」がどれだけ赤ちゃんの知育に向いているか、書いています。

 くもん くるくるチャイム
https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

かしこい子に育てたいなら、ぜひ取り入れてほしい知育玩具です。

赤ちゃんに1番最初にできる知育は、読み聞かせとうた聞かせです。

その次にできることは、手先を器用にすることです。

手先を器用にすることは、これからのすべての知育の基礎となります。

基礎が固まっていないと、ガタガタと崩れていきます。

「くるくるチャイム」は、赤ちゃんの手先を器用にするファーストトイです。

くもんの知育玩具「くるくるチャイム」

しっかり遊ばせて、手先を器用にしてあげてください。

この記事では「【くるくるチャイム くもんの知育玩具レビュー 】赤ちゃんの手先が器用になる公文式おもちゃ」について書いていきます。

くもんの知育玩具 くるくるチャイム ってどんなおもちゃ?

「くもんのくるくるチャイム」は、対象年齢が10ヶ月からの知育玩具です。

本体の頭の上にある穴からボールを落として遊びます。

くもんの知育玩具「くるくるチャイム」

そして、ボールが落ちると最後にベルが「チーーーン」と鳴ります。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

たったこれだけの遊びなのですが、赤ちゃんがどハマりするんです!

ひとりで遊べるようになれば、15〜20分ほど集中して遊んでくれるようになります。

10ヶ月の赤ちゃんが15〜20分もひとりで遊べるってすごくないですか!?

この時期の15〜20分って貴重!

ちょと手が離れてくれるだけで、本当にありがたいです。

集中のひみつは「くるくるチャイム」の高さにあります。

くるくるチャイム

出典:くもん出版

赤ちゃんがボールが落ちる様子をしっかり追うことができるスピードを計算し、高さが設計されているんです。

このボールが転がる様子をじーーーと見て、最後にチーーーンと鳴る、このくり返しが楽しいんですね。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2019/12/c90e1d5b165e7577c56df9064debff1e.png
べび子

赤ちゃんは、くり返しが大好きなんだよ!

くり返すことで、心が安定するのだそうです。

まだまだ経験が少ない赤ちゃんは、知らないことばかり。

その中で知っているものに触れると、心が安定していきます。

たくさんくり返して、落ち着いた子を育てていきたいですね。

くもんの知育玩具 くるくるチャイム の効果と遊び方

くもんの知育玩具「くるくるチャイム」
くるくるチャイムの効果
  1. 手先が器用になる
  2. 集中力が高まる
  3. 見る力を養う

「くるくるチャイム」で遊ぶことで、手先が器用になっていきます。

手先の器用さは、知育には欠かせない要素です。

手先の器用さ=頭脳

手先を器用にすることが、すべての知育につながっていきます。

「くるくるチャイム」では、赤ちゃんが苦手とする「放す」を練習することができます。

くもんの知育玩具くるくるチャイム

赤ちゃんは「にぎる」ことは上手ですが、「放す」ことが苦手です。

まだ手指の力がついていないので、大人が思う以上にできません。

最初から放すことはできないので、まずボールをカチカチさせて遊ぶことからスタートします。

くもんの知育玩具「くるくるチャイム」

カチカチ遊びに慣れてきたら、親がボールを転がし、転がる様子を赤ちゃんに見せます。

くるくるチャイム
https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2019/12/c90e1d5b165e7577c56df9064debff1e.png
べび子

この様子を見て、自分でもボールを転がしてみたいって気持ちになるよ!

ボールを穴にまで持っていくところまでは、すぐできます。

ですが、ボールを手放すことはなかなかできません。

くもんの知育玩具「くるくるチャイム」

上の写真の状態で止まってしまうことが多いと思います。

そんなときは親が指でちょんっと押してあげます。

くもんの知育玩具くるくるチャイム

この繰り返しで、ひとりでどんどんボールを放せるようになってきます。

ひとりでボールを放せるようになったら、かなり集中して遊べるようになります。

そして、ボールの動きを追いかけて見つめることは、文字を読む力につながります。

これだけ「くるくるチャイム」の良いところを書きましたが、1つどうしようもないデメリットがあります。

それは、かさばること。

くもんの知育玩具くるくるチャイム

かさ高いんですよね・・。

赤ちゃんが集中して楽しめる長さに設計されているので、高さがあります。

そこが良いのですが、それでかさばるんです・・。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

うちは、下の子が3歳になったときに友人にあげました。

くもんの知育玩具 くるくるチャイム レビューまとめ

本記事では、「【くるくるチャイム くもんの知育玩具レビュー 】赤ちゃんの手先が器用になる公文式おもちゃ」について書きました。

赤ちゃんにはまだ手指に力がないので、つかんだものを「放す」ことが難しいです。

くもんの知育玩具「くるくるチャイム」

「くるくるチャイム」で遊びながら手指を鍛えれば、手先が器用になり、どんどん集中力が身につきます。

手先の器用さや集中力は、これからの知育の基礎となってくれます。

とにかく「くるくるチャイム」はすごいので、ぜひご家庭の知育に取り入れてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

にじまま @nijimama_mでした。

買ってよかったくもんの知育玩具【くもんの知育玩具おすすめ8選】買ってよかった公文式おもちゃ 買ってよかったくもんのカード【くもんのカードおすすめ7選】買ってよかった公文式カード 0歳におすすめ絵本【0歳のおすすめ絵本】赤ちゃんが喜ぶ20選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です