【0〜4歳】買ってよかったおすすめ知育玩具・おもちゃ 29選

1歳児が言葉を話すきっかけに!絵本[ノンタンおはよう]でご挨拶を覚えよう

 

1歳頃になると、たくさんお話して欲しいなーと思いますよね。

我が子と会話ができるようになる・・と思うとワクワクしますよね!

 

この記事は、1歳頃の子供がご挨拶を覚えるのにぴったりな絵本「ノンタンおはよう」を紹介します。

 

どんな状況でご挨拶するのか。

ノンタンがしっかり教えてくれます。

 

絵本の読み聞かせって本当に効果があるの?

賢くなるってほ本当?と思われている方は、

『【11ヶ月】絵本読み聞かせ「1日30冊で天才児」を3日間試した結果』をご覧ください。

その効果に驚かれ、試してみたくなりますよ!

絵本「ノンタンおはよう」の概要

著者:  キヨノサチコ
出版社: 偕成社
対象年齢:0歳から
ページ数:24ページ
サイズ: 17×16cm
価格:  600円+税
発行年: 1989年

絵本「ノンタンおはよう」のあらすじ

f:id:nijimamajyuken:20170801190700j:image

 

ノンタンが「おはよう。」みんなも「おはよう。」

ノンタンとみんながごあいさつします。

おやつを食べたあとは、みんなで遊ぼ!

遊んでいるとノンタンとぶたさんが、ごっつんこしていしまいます。

きちんと「ごめんね。」した後は、みんながばんそうこを貼ってくれます。

いちばんぼしが出たら「さようなら。」

最後はノンタン「おやすみなさーい。」

絵本「ノンタンおはよう」でご挨拶が言えるようになるポイント

f:id:nijimamajyuken:20170801151601j:image

 

絵本「ノンタンおはよう」でご挨拶が言えるようになるポイントは、とっても簡単。

ジェスチャーを交えながら読むことです。

 

「おはよう」のときは、頭を下げて、

「いただきます」は手を合わせて、

「ごっつんこ」は頭をくっつけて、

「ごめんね」も頭を下げて

「ばんそうこぺったん」はぺったんしてあげる。

たったこれだけで、子供が挨拶に興味を持ってくれます。

 

また、ジェスチャーと言葉をリンクさせると覚えやすくなるのでおすすめです。

とっても簡単にできるので、ぜひお試しください。

まとめ

 

1歳児がご挨拶を覚えるきっかけになる絵本「ノンタンおはよう」を紹介しました。

ジェスチャーを交えながら読んであげると、子供は喜んでご挨拶を覚えてくれるようになります。

 

読み聞かせにいい絵本はないかな?

子供が喜んでくれる絵本はないかな?

など、良い絵本をお探しのパパママには『【0〜1歳】赤ちゃんが喜ぶ失敗しない読み聞かせ絵本50選』がおすすめです。

楽しい絵本が見つかりますので、ぜひご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です