知育や教育に役立つ教材や知育玩具などを紹介しているブログです。

遊びで楽しく足し算を覚える方法【幼児教室の先生から教えてもらったやり方】

遊びの中で楽しく足し算が覚えられたら、親としてはこんなにラッキーなことはないですよね。

この記事では、幼児教室の先生に教えてもらった、足し算遊びを紹介します。

にじまま

スキマ時間に、親子で遊んでみてください!

この記事では「遊びで楽しく足し算を覚える方法【幼児教室の先生から教えてもらったやり方】」について紹介します。

幼児教室の先生に教えてもらった足し算遊び

にじまま

やり方は簡単です。

f:id:nijimamajyuken:20171012135530j:image

写真のように指で「2」や「3」をつくり「合わせて いくつ?」と聞くだけです。

最初は指を数えてもOK。

徐々に数えなくても記憶して答えられるようにしていきます。

 

幼児教室の先生

小さい子は「0」の理解がなかなかできません。「0」の問題も忘れず出題してくださいね。

出題例

  • 片手がグー、もう一方は「3」の形をつくり、合わせて「3」の問題を出す

 

幼児教室の先生

子どもに問題を出題させると伸びますよ!

子どもに問題を出させ、正解を子どもに聞くようにします。

人に教えることで、覚える力がぐんぐん伸びるそうです。

 まとめ

この記事では「遊びで楽しく足し算を覚える方法【幼児教室の先生から教えてもらったやり方】」について紹介しました。

 

にじまま

簡単だし、お金もかからないし、よい方法ですよね!

子どもが問題を出すとき「〇〇先生お願いします!」と先生に見立てると張り切って問題を出してくれるので、おすすめです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

数の感覚をも身につける方法 (2)【数の教え方】子どもに数の感覚を身につける方法【数の概念とは?】 公文の先生に聞いた幼児が足し算で挫折しない2つの方法公文の先生に聞いた幼児が足し算で挫折しない2つの方法 トモエの100玉そろばん【トモエの100玉そろばんのレビュー】数の理解から足し算・九九まで 買ってよかったくもんの知育玩具【くもんの知育玩具おすすめ8選】買ってよかった公文式おもちゃ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です