【0〜4歳】買ってよかったおすすめ知育玩具・おもちゃ 28選

【魔の2歳児】歯みがきを嫌がるイヤイヤ期の対策方法

 

うちの長女が魔の2歳児と呼ばれる頃、次女を妊娠していました。

イヤイヤ期に加え、赤ちゃん返り。

これも試練か・・と思わされました。

何でもかんでも「イヤ!」という長女。

保育園に行くことも、ごはんを食べることも、寝ることも、赤ちゃんが生まれることも、何もかも、ぜ~~~んぶ イヤ!

私はしんどい妊婦だったので、余計に気を引きたかったのでしょうか。

私の体調が悪い日ほど「イヤ」の数が多かったように思います。

そんな中、大変だった1つとして歯みがきがありました。

何でこんなに磨きたくないの!?というくらい、毎日の歯磨きを拒絶。

気づいたら、ごみ箱に歯ブラシが捨ててあったこともありました。

敵(長女)は手強い・・・

でも、虫歯になったら余計大変だし・・

色々と調べ、試行錯誤しました。

その結果、3歳になる現在では

  • 歯ブラシ
  • ワンタフトブラシ(※)
  • 糸ようじ

の、3点セットで毎日磨いてくれるようになりました!

歯医者さんにも「きれいに磨けていますよ~」と言われるほど成長しました!

f:id:nijimamajyuken:20170531131504j:image

写真は、現在使っている歯みがきグッズです。

ワンタフトブラシとは
ふつうの歯ブラシでは磨きにくい歯をピンポイントで磨くことができるブラシのこと。

そこで今日は、うちの子が歯みがきしてくれるようになった方法を書きたいと思います。

イヤイヤ期でお困りのパパママのお役に立てれば嬉しいです。

絵本で歯みがきの楽しさや大切さを伝える

親が言っても伝わらないことでも、絵本だと素直に聞いてくれることが多いと思います。

「絵本読もうか」に対しては「イヤ!」は少ないので、導入には効果的です。

 イヤイヤ期の歯みがき嫌いにおすすめ絵本4選

ノンタンはみがきはーみー

ノンタンやうさぎさん、たぬきさん達がイイイのいーしてはみがきはーみー、しゅこ しゅこ  しゅっ しゅ。

みんな楽しそうに歯みがきしているので、「磨いてみようかな?」という気になってくれるようです。

ノンタンの絵本はリズムが良いので、歯を磨くときに「イイイのいーして はみがきは~み~~♪」と、

言いながら磨くと、嬉しそうに磨かせてくれました。

 ルルロロ はみがき しゃかしょこ

こちらの絵本の良いところは、歯を磨く順番が描いてあります。

上の歯→下の歯→奥の歯→裏の歯 の順で紹介されています。

どんな順番でもいいと思いますが、磨く順番を決めておくと磨き残しが減るのでおすすめです。

幼児期から歯をみがく順番を決めておくことは、虫歯をなりにくくする良い習慣だと思います。

パオちゃんのみんなではみがき

ワニちゃんがチョコレートを食べ、虫歯になってしまうお話。

公園で歯が痛くて泣いているところを、パオくん達が、やぎ先生の歯医者さんへ連れて行ってくれます。

この絵本は、歯の治療場面が描いてあるところがとても良いです。

子どもにとって歯医者さんは、どんなところか分からず怖いと思うので、歯みがき対策としてだけでなく、フッ素塗布に行く前に読んであげると良いと思います。

はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう

歯みがきが大嫌いなたっくんのところに「はみがきれっしゃ」がやってきて、たのしく歯みがきするお話しです。

歯みがきってあっという間に終わっちゃうよを楽しく伝えられます。

つるつる ぴかぴか になったページを見て、うちの長女は大喜びします。

f:id:nijimamajyuken:20170726164623j:image

魔の2歳児に歯をみがいてもらうための対策

絵本で歯みがきの大切さを伝えたあとは、実際に歯を磨かなければなりません。

子どもが絵本を読んで楽しさや、大切さを感じている間に磨いてしまいまいます。

親の歯を磨かせてみる

子どもは誰かに何かをしてあげることが、大好きなので、親の歯を磨かせることは効果的です。

子どもが親の歯を磨き、その後、交代。

親が子どもの歯を磨きます。

交代にすると、すんなり磨かせてくれることが多かったです!

人形で代用してもいいと思いますが、親の歯を磨かせた方が、効果は高いです(我が家調べ)

なぜ歯みがきが必要で、なぜ虫歯になるのかを伝える

f:id:nijimamajyuken:20170726165404j:image

子どもには歯みがきをしないとどうなるか、虫歯とは何なのかを説明してあげることが大切です。

何も分からないのに磨かされていでば、子どもも納得いかないと思います。

なぜ、歯みがきが必要で、なぜ虫歯になるのかをきちんと伝えてあげたいものです。

おすすめの歯みがきグッズ

歯磨き粉

せっかく歯を磨くなら、しっかりフッ素が入った歯磨き粉を選んで、しっかり虫歯予防したい。

そう思い、歯科衛生士さんに相談したところ「ライオンDENTチェックアップkodomo」をおすすめされました。

フレーバーは3種類。ストロベリー 、グレープ 、アップルです。

長女はうさぎのストロベリーがお気に入りです。

 ワンタフトブラシ

ふつうの歯ブラシでは磨きにくい歯を、ピンポイントで磨くことができるブラシです。

子どもの歯は小さいし、生えかけの歯があったりで、磨きにくかったりします。

仕上げ磨きに使うとキレイに手早く磨けます!

とってもおすすめです!

糸ようじ

どんなに頑張って歯ブラシをしても、歯と歯の間の汚れって落ちにくいもの。

しっかりと仕上げ磨きをしていても虫歯になってしまうのは、糸ようじをしていないからだそうです。

幼児期から糸ようじを習慣にすることができればいいですね。

 就寝前にビオフェルミン

寝る前の歯磨き後は、歯科衛生士さんのおすすめで、ビオフェルミンを噛ませています。

これで、歯周病菌が減るそうです。

歯周病菌を減らすための乳酸菌はいろいろなメーカーから出ていますが、コスパも効果もビオフェルミンが1番だと歯科衛生士さんに教えてもらいました。

口内の善玉菌を増やすことで口臭予防効果もあるそうなので、私も夫も就寝前に必ず噛んでいます。

のどにつかえるといけないので、5歳未満の幼児には服用させないことと記載されているので、心配な方は細粒タイプをおすすめします。

 おわりに

3歳6ヶ月の現在、あんなに歯みがきを嫌がっていたのが、ウソのようにしっかりと歯を磨くようになった長女。

毎日すすんで自分から磨いてくれるようになりました。

イヤイヤ期の歯みがきは大変ですが、楽しんでくれるようになれば磨いてくれるようになります!

小さなかわいい歯に、虫歯ができないようにしてあげたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です