【0〜4歳】買ってよかったおすすめ知育玩具・おもちゃ 29選

子どもの英語教育は本当に必要?何歳から始めればいい?英語耳は?

幼児からの英語教育の必要性

 

幼児期からの英語教育に注目が集まっています。

「うちの子にも、させたほうがいいのかな?」

「早いうちから英語に慣れさせたほうがいいのかな?」

 

英語が苦手なパパママだと、

「子どもには、こんな思いをさせたくない・・」と思いますよね。

 

この記事では、本当に英語の早期教育が必要かどうか紹介しています。

結論から言いますと、

英語の早期教育は必要はありませんが、英語耳を鍛えておくと、将来的に非常に有利です。

ただし、バイリンガルに育てたいなら生まれてすぐから英語教育は必要です。

この記事を参考に、幼児期の英語の触れ方について、検討してみてください。

 

英語の幼児教育・早期教育って意味があるの?

幼児から英語教育は必要?

幼児期からの英語教育は専門家たちの間でも賛否両論あります。

バイリンガルに育てたいなら早いうちからの英語教育は絶対です。

ただ、英語が話せるようになって欲しいな、苦手意識を持って欲しくないな、という程度であれば急ぐ必要はありません

意味がある・必要という意見

乳幼児期は複数の言葉を学ぶ能力があり、

乳幼児期こそが、「バイリンガル教育」を育てる。

バイリンガルに育てるには、生まれたときからコツコツ毎日続けることが必要。

意味がない・不要という意見

乳幼児期は、英語を話せるようになるよりも、母国語をきっちりと理解することが必要。

母国語をきちんと理解することで、感情を伝えられるようになり、学習が身につき、思考が生まれる。

母国語を理解できるようになってからでも、英語力は身につけられる。

日本語と英語で教育すると、他の子どもと比べ、日本語の単語数が少なくなる。

 

結論:バイリンガルに育てたい以外は急がなくても大丈夫

英語の早期教育、急がなくて大丈夫

バイリンガルに育てる場合は、生まれてすぐから毎日コツコツと英語教育をする必要がありますが、

将来的に、

英語に困らないようになって欲しい

英語会話ができるようになって欲しい

と、思われているのであれば、急いで英語教育をする必要はありません。

ですが、日本語と英語の差がわかる「英語耳」を鍛えるなら、早いうちから英語に触れさせることが必要となってきます。

 

子どもの「英語耳」は何歳まで?いつまで鍛えられる?

英語耳

 

そんなに熱心に英語教育をするつもりがなくても、

日本語と英語の差がわかる「英語耳」だけは、鍛えておきたいところです。

英語耳は、いつ頃までに鍛えればいいんでしょうか。

英語耳は5歳頃までに鍛えよう

英語耳は5歳までに鍛えよう

 

0〜1歳は耳が柔らかく、「L」と『R」など、いろいろな音の聞き分ける力が、

2〜5歳までは言語の区別なく音を聞き取る力、真似をする力があります。

英語耳を鍛えるなら5歳までに、英語に触れさせると良いとされています。

5歳までに英語に触れておけば、発音や聞き取りに差が出てきます。

ネイティブの英語を聞かせて、マネさせるといった機会を持つようにすれば、英語耳は育ちます。

英語耳を鍛えるには聞き流しが最適

聞き流し英語

実際、英語教育をされている先生に、英語耳を鍛える最適な方法を聞いてきましした。

 

英語耳を鍛えるには、どんな方法が良いのでしょうか。

英語の先生

とにかく毎日触れること。特に教える必要はありません。

具体的な方法としては、英語のCDを流し、親と一緒に歌うこと。

英語番組や英語のDVDを毎日観せるのも◎です。

まずは英語の歌CDを一緒に聞き、歌う

英語の歌を一緒に歌う

本格的な英語教育に入る前に歌を聞き、英語に慣れ親しみます。

例えば、「head shoulders knees and toes」で身体のパーツを、

「Sunday, Monday, Tuesday(Day of the week)」で曜日を

歌えるようになれば、自然に覚えることができます。

 

おすすめはスーパー シンプル ソングス CD」です。

こちらの CDはただの英語曲のCDではありません。

日常英会話を想定して選曲されているんです!

単語、文法、リズムといった英語を学ぶのに必要な要素を、楽しく聞き、歌いながら自然と身につけていけます。

普通の英語CDとは違い、教材の観点から選曲されています。

歌詞カードには英語と日本語訳が書かれているので、英語に自信がないパパママも安心です。

 

口コミで評判!おすすめ英語教材を無料でゲットしよう!

おすすめ英語教材

英語教材は高額な物が多く、購入にためらってしまいます。

私がそうです。。

そこで、有名な英語教材の無料サンプルをゲットし、お子様の英語耳を鍛えましょう!

紹介するのは「ディズニー英語システム」と「こどもちゃれんじ」です。

これが無料でいいの?と思うほど充実しているので、どちらもゲットしてしまいましょう!

 

ディズニー英語システム

ディズニー英語システム無料サンプル

ディズニー英語システムの無料サンプル、持ってる人多いですよね〜。

DVD・絵本・CD、さらにお風呂に貼れるABCポスターが付いていて、無料ですからね。

周りのママさん、ほとんどみんな持ってます。

私自身、ママ友にすすめられて無料請求しました。

こんないい教材、無料で配っちゃっていいのかな?というレベルです。

ただ、DVDは教材のプロモーションなので、観ても楽しくないかも。

CDはネイティブな発音で収録されていますし、絵本も子供の反応が良いです。

 

↓ 無料サンプル請求はこちら ↓
> ディズニーの英語システム

 

こどもちゃれんじEnglish / こどもちゃれんじイングリッシュ

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

しまじろうの幼児英語教育教材。

5年連続イード・アワード「子ども英語教材」幼児の部で最優秀賞を受賞して、注目度も高いです。

無料請求すると、DVD・抜粋版絵本・保護者向け冊子が入っています。

こどもちゃれんじイングリッシュぷち

↑ こちらは1〜2歳向けの無料版です。

ベネッセのスゴイところは、無料なのにDVDと絵本が連動しているところ。

子どもって、連動していると喜ぶんですよね。

DVDは16分で充実しているので、無料とは思えません。

絵本は、抜粋版にも関わらず仕掛け絵本になっています。

しまじろうは子どもウケ抜群なので、導入にピッタリです。

 

1〜2歳向けの無料教材の口コミは、1・2歳向けこどもちゃれんじぷちイングリッシュのお試し教材の口コミと感想でチェックしてみてください。

こどもちゃれんじEnglishの
↓ 教材無料請求はこちら ↓
ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

日本語版「こどもちゃれんじ」

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

え?日本語版?と思いましたか?

実は、最近の「こどもちゃれんじ」は英語に力を入れているんです。

教材のDVD全編が、日本語だけでなく、英語でも観ることができます。

年齢に合わせた知育玩具や、はみがきやトイレトレーニングといった、親が手こずる生活習慣を身につける教材だけでも、子育て世帯の強い味方なのに、英語にまで力を入れてくるなんて

しまじろうはどこまで目指すつもりなのでしょうか・・。

こどもちゃれんじぷちのはみがき

おもちゃも、生活習慣を身につける教材も、英語教育も全部欲しい!という、よくばりなニーズに全部答えてくれています。

気になる方は、こちらもDVDや教材が無料で請求できますので、試してみてはいかがでしょうか。

 

↓ DVD・教材の無料請求はこちら ↓

しまじろうと一緒に豊かな体験を
<こどもちゃれんじ>

 

関連記事 こどもちゃれんじぷち4月号の感想と口コミ!おしゃべりシュッポの効果は?

 

ひらがな書きも、しまじろうにお世話になりました。

関連記事 【こどもちゃれんじすてっぷ】ひらがななぞりんは、ひらがな書きの導入に最適なツール

しまじろうと一緒に豊かな体験を
<こどもちゃれんじ>

1歳頃から英語耳を鍛えだした4歳娘の現在。発音はどう?

4歳の娘の「英語耳」

うちの4歳になる娘に、1歳頃から英語のCDを聞かせたり、DVDを観せたりしていました。

特に教えることもなく、ただ一緒に歌い、一緒にDVDを観て踊ったりしている程度。

今では、ネイティブのような発音をするようになり、親である私が1番驚いています。

娘の通う保育園クラスには、イギリス人と日本人のご両親を持つお子さんがいるのですが、先生いわく同じくらい発音がキレイだそうで、「英語教室に通われているのですか?」と聞かれるほど。

毎日触れることの大切を、実感しました。

 

まとめ

幼児からの英語教育の必要性:まとめ

バイリンガルに育てよう!と思われている方以外は、熱心な英語教育の必要はありませんが、英語耳だけは鍛えておいた方が、これから先、英語を取得していくのに有利です。

特に親が教え込んだりする必要もなく、一緒に英語のCDを聞いたり、DVDを観たりするだけで大丈夫。

毎日、少しずつ触れさせてあげることが大切です。

 

英語が苦手なパパママは、子どもと一緒に英語に触れ合い、苦手意識が克服できるとさらに良いですね!

大人の英語は高額なテキストよりも、NHKから。金銭的にも無理なく始めましょう。

どのレベルから始めたらいいのか悩まれる方は、13の英語テキストを集めて、第1回目のレッスンや講座紹介等のページを抜粋・編集した「お試し版」が無料で出ています。

「講師からのメッセージ」や「テキストの構成・使い方」などの情報とあわせて読めば、自分はどのレベルなのか、どの英語講座をチェックしたら良いの分かります。

今まで挫折してきた方も、子どもと一緒に頑張ってみましょう!

親が勉強すると子どもは喜んで一緒に勉強してくれます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です