【0〜4歳】買ってよかったおすすめ知育玩具・おもちゃ 28選

つわりでつらい妻に夫ができること・やったらダメなこと

つわりでしんどい妻に夫ができること・言ったらダメなこと

 

妊娠中、妻が「夫がわかってくれなかった・・」と思う第1位はつわりのつらさ

つわりとはこういうものという定義がありません。

軽い人もいれば、重く入院する人もいます。

一人目は楽だったけど、二人目はつらかったなど、同じ人でも違ったりする場合もあるので、理解されにくいのも確か。

 

ホルモン変化が激しいため、イライラしたと思ったら、今度はメソメソしたり。

気分がコロコロ変わる妻に、イライラする気持ちは分かります。

そして、妻本人も感情が抑えきれず申し訳ない・・と思っているはずです。

そんな情緒不安定なときこそ、夫婦なのですから夫に支えてもらいたいものです。

 

この記事では、

つわりとは簡単にどういうものか、

つわりでしんどいとき妻は夫に何を求めているのか、

これを言うと妻がイライラしたりメソメソしたりするので言ってはいけないNGワードを紹介しています。

 

この記事を参考に、妻のつわりに対する気持ちを少しでも理解してもらえたら、嬉しいです。

出産までの時期は意外と短いもの。

楽しいマタニティライフを2人で過ごし、できるだけ出産時に不安のないようにしてあげてください。

それができるのは、妻のお母さんではなく、夫であるあなたのはずです。

 

夫が知っておくべきつわりの知識

夫が知っておくべきつわりの知識

 

つわりとはどんなものか。

妻は100%夫が理解してくれないことは、知っています。

ですが、少しだけでもいい、つらい気持ちに歩み寄って欲しいと思っています。

そこで、とりあえずおさえておくべき6つのつわりの知識を紹介します。

つらさは共有できませんが、できる限りのサポートをしてくれたら、妻は一生覚えていて、あなたに感謝します。

 

1. 吐いたり吐き気がするだけがつわりではない

知識がないと「つわり=嘔吐」と思ってしまいます。

実際は、つわりにはたくさんの種類があります。

吐きつわりの他、

食べないと気持ち悪い、ひたすら食べてしまう「食べつわり」

ニオイで気持ち悪くなる「ニオイつわり」

ひたすら眠くなる「眠りつわり」

だらだら止まらない「よだれつわり」

など、症状は様々。

複数の症状を経験することも多々あります。

 

私の場合、

一人目のときが、吐きつわり、ニオイつわり

二人目のときが、吐きつわり、ニオイつわり、眠りつわり、よだれつわり

と、いろいろ経験しました。

 

よだれつわりなんてたいしたことないんじゃ?と思うかもしれません。

私自身、そう思っていました。

ですが、実際経験してみて、精神的に参りました。

吐き出しても、吐き出しても湧いて出てくるよだれは、地獄のようでした。。

 

2. つわりとは、二日酔いや船酔い状態が1ヶ月異常続くようなもの

つわりとは、毎日二日酔いや船酔い状態が1ヶ月以上続く・・と言えば理解してもらえるでしょうか。

胃腸風邪の症状にも近いものがあります。

二日酔いや船酔い状態で、仕事に行き、家事をする。

二人目以上の妊娠であれば、さらに子育てもしないといけません。

このうえない、苦痛です。

毎日毎日、耐えて一生懸命頑張っているのです。

 

つわりさえなければ、もう一人産みたいけれど・・という人もたくさんいます。

思い出しただけでも、つわりはしんどいです。

 

どんな状態か理解ができなくても、とにかくいたわってあげてください。

 

3. 毎日ダラダラしている妻にイライラする? それ、つわりの症状です。

妻が妊娠してから寝てばかりで、家事を一切しない。

食事を作らないどころか、掃除もしないので、家がどんどん汚くなっていく。

何もしない妻にイライラする。

そのうえ「ちゃんとしなよ」と言ったらキレられた!という話を聞くことがあります。

 

妊娠すると、眠たくなりやすく、だるく、しんどくなります。

これもつわりの症状。

キッチンに立つのもしんどい、洗濯物を洗濯機に入れることさえしんどい。

私なんて、床に落ちているゴミさえ拾えないくらいしんどかったです。

 

「もうちょっと頑張ってみたら?」

「寝すぎじゃない?」

なんて言わないでください。

 

妻は一生その言葉を覚えていて、死ぬまで「○○って言われた〜」と、言い続けられます。

ちょっと言いたくなる気持ちを抑えて「体調大丈夫?」と、とにかくいたわってあげてください。

 

4. 夫のニオイで気持ち悪くなることは実際ある(ごめん)

夫そのもののニオイがダメになるケースもありますが、たいていは

夫の食べたもの、飲んだもののニオイで気持ち悪くなる場合が多いです。

つわり中の妊婦はニオイに敏感です。

夫が餃子を食べて帰ってきた日は、泣きました。

特ににんにく系、お酒、コーヒーのニオイが辛かったです。

飲み会後は別の部屋で寝たり、妻に背中を向けて寝るようにするとか、気をつけてもらえるとありがたいです。

口息清涼カプセルとか飲んでもらえると、非常に助かります。。

 

5. つわりが軽い妊婦も体はしんどい

つわりがなくても、軽くても、お腹の中には大事な子供がいることに変わりありません。

体に負荷がかかっているし、精神的な不安も大きいです。

つわりがないと「赤ちゃん、本当にいるのかな?」「赤ちゃん、大丈夫かな?」と、逆に心配になるものです。

たとえ本人がそう言っていたとしても「つわりなくて、ラッキーだね〜」と、軽はずみに言わないようにしましょう。

つわりがないとこに悩んでるかもしれません。

 

6. つわりで入院する人もいる

吐きつわりがひどすぎて、水さえ飲めず、また飲んでも吐いてしまうほどひどいつわりがあります。

私自身、一人目のとき経験しました。

脱水症状や栄養失調を起こすので、病院で点滴を打ってもらわなければなりません。

ひどい場合、入院も必要です。

1人目の妊娠の場合、夫は自分のことだけは自分ですることに徹底し、妻をサポートしてあげてください。

2人目以上の妊娠の場合、自分のことプラス子供の世話を夫がしなければなりません。

つわりの時期は一般的に妊娠5週~16週と言われていますが、個人差があります。

私の場合、一人目のときは、妊娠3週~20週くらいまでしんどかったのですが、2人目は妊娠6週〜12週で終わりました。

妻のつわりの長さで、夫が頑張らなければならない期間も変わってきます。

夫であるあなたも大変だとは思いますが「俺のほうが大変」なんて言わず、サポートに徹してあげてください。

 

つわりの妻が喜ぶ「夫ができること」

つわりの妻に夫ができること

つわりは夫が思っている以上に、つらいものです。

妊娠期間も長く、イライラしがちです。

 

生まれてくる子供は2人の子供です。

ですが、妊娠し、出産することは妻にしかできません。

大変なことを妻ひとりで背負わなければなりません。

そのとき、夫ができることは何でしょうか。

 

つわりの妻が喜ぶ「夫ができること」を紹介します。

 

家事を積極的にすすんでやる

妊婦は体力的にしんどいだけでなく、ニオイにも敏感で、家事がつらいのです。

家事全般を積極的にひきうけてくれると、妻は喜びます。

完璧でなくってもいいんです。

「あとはやっとくよ」

「俺に任せて寝ときなよ」

なんて言ってくれたら、妻は泣いて喜びます。

このとき、本当はぎゅっと抱きつきたいて喜びたいのだけど、夫の食べた物のニオイがつらくてできないことは、内緒です。

家事代行サービスを利用してみる

妊娠中の妻は、部屋が汚いのにしんどくて掃除ができず、イライラしています。

夫に「掃除くらいしてよ!」と心の中ですごく思っています。

でも、すべての家事を引き受けるのは、ちょっとしんどいですよね?

そこで、家事代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

【CaSy】家事代行サービス

出典:【CaSy】

おすすめは「CaSy(カジー)」です。

家事代行サービスって、富裕層が使用するイメージが強いですが「CaSy(カジー)」は違います。

安心価格で良質で利用しやすいんです。

 

料金設定も、

スポット利用:1時間2,500円+交通費700 円
月1回定期利用:1時間2,390円+交通費700 円

と、良心的。

月1回2時間利用しても、4,780円+交通費700円=5,480円です。

 

「CaSy(カジー)」は、料理代行もしていて、作り置き用も作ってくれます。

登録だけでもしておき、すぐに利用できる準備をしておいてはどうでしょうか。

「CaSy(カジー)」に無料登録する
> 家事の時間を、家族の時間に。家事代行サービスCaSy

食事が作れないときは妻の分も買って帰る

よくある話なのですが、妊娠中の妻が

「今日はしんどくて、ご飯作れない」と仕事中の夫にLINEをすると、

 

「OK!俺の分は気にしないで。買って帰るから♡」

LINEスタンプ:ムーン

と、返事が来ることがあります。

 

いやいや、妻のご飯はどうすんねん?

上の子がいたら、その子のご飯はどうなるん?

という話なんですが、意外と気づかない男性は多い・・。

 

妊娠中の妻がしんどくて食事が作れそうにないなら、自分の分だけでなく、妻の分、上の子がいるならその子の分も買ってくるようにしましょう。

 

仕事帰り、LINEを送ってあげよう

つわりの間だけでなく、妊娠中は不安でいっぱい。

仕事帰りに「体調どう?」「何か食べられそうなものはある?」など聞いてあげると、妻はとても嬉しいです。

妊娠中は不思議なもので、同じ物がずーーーーっと食べたくなるかと思ったら、急に全然違うものが食べたくなったり、コロコロ変わります。

「この前、コレが食べたいって言ってたなー」と思って買って帰ると失敗するケースも多いので、毎回聞いてあげるほうがベター。

つわりの妻ががっかりする「夫がやったらダメなこと」

つわりの妻に夫がやったらダメなこと

 

夫にとったら些細なことだし、妻も妊婦でなければさほど何とも思わないことでも、妊娠中でホルモン変化が激しい時期だからこそ、過剰に反応することもあります。

どんな行動が、どんな発言が妊婦をイライラさせるのか紹介します。

 

「寝てばっかり」と責める

妊娠中、しんどくて疲れやすい妻に「寝てばっかりだね」「妊婦は寝れていいね」なんて言わないように!

本当につわりの時期はしんどいんです。

仕事も行っているのなら、なおさらです。

どうしても体が動かないこともあるんです。

そこを責められると、泣きたくなります。実際泣きます。

 

つわりでしんどい妻に「つわりは病気じゃないから」と言う

「つわりなんて気の持ちようなんじゃないの?」

「本当にしんどいの?」など。

つい言ってしまいがちなワードです。

夫に対する不信感がつのるだけなので、言わないようにしましょう。

 

また、他の妊婦さんと比べることもNGです。

軽めのつわりの妻に、

「同僚の奥さんはつわりで入院したって!キミは軽くて良かったね!」

重いつわりの妻に、

「同僚の妊婦さんは全くつわりがなくて、平気で会社来てるよ」

などなど。

比較はタブーです。

些細な比較も気をつけて言わないように心がけてください。

 

頻繁に飲み会に行く

夫にも息抜きや付き合いは必要。

妻も理解しているし、分かっています。

でも、それが頻繁だったら?

妻は「私はこんなにしんどいのに、夫は楽しそうにして・・」とストレスいっぱいになります。

また、普段お酒を飲んでいた妻なら、妊娠中飲まないようにしていることを覚えておいてください。

飲みに行くなら事前に飲みに行ってもいいか、確認するようにしましょう。

 

「俺だって疲れてる」と言う

絶対言っちゃダメなワード。

妻がつわりのとき、夫もしんどいのは妻も分かっています。

でも、妊婦って本当しんどいんですよ。

そして、子供が生まれると正直もっと大変になります。

 

つわり後期のとき、スーパーで売っているお惣菜が気持ち悪くて食べられない時期がありました。

なので仕方なく、しんどくてつらいけど、頑張って作ってたんですね。

でも、作るので力尽きてしまい、片付けられないことが続きました。

そしたら夫が「もう作らんといて。毎回片付けるの俺やん」と言われたときは悲しかったです。

自分が作った物しか食べられないのに、作るなと言われたら、私には食べる物がありません。

片付けるだけやん、子供は私が産むんやで?と思ったことをいまだにずーーーっと覚えています。笑

夫が仕事で疲れていて、洗い物が増えてしんどいことは十分理解できるのですが

「こんなときくらい協力してよ!」と妻は思うワケです。。

 

まとめ

つわりでしんどい妻に夫のできることやったらダメなこと:まとめ

妊婦はホルモン変化が激しく、イライラメソメソしがち。

気分がコロコロ変わる妻にイライラしますよね。

何か言うとすごい勢いで言い返されたり、疲れてしまいますよね。

 

でも、妻も分かってるんです。

自分が異様にイライラしてしまうこと。

それでもブレーキが効かないこと。

 

すべては無理でも、夫にだからこそ、受け止めて欲しいんです。

 

妊婦は想像以上にしんどいです。

特に、つわりは本当にキツイんです。

 

大切な赤ちゃんがお腹にいるから妊婦をやめることもできないし(もちろんしないけど)、

病気と違って薬を飲むことだってできないのです。

 

そんなしんどいとき、夫が支えてくれなかったら淋しすぎる。

これから生まれてくる赤ちゃんのため、妻は一生懸命頑張ってるんです。

 

まだ子供が生まれることに、ピンと来ない時期かもしれません。

でも、できるだけ妻に寄り添ってくれたら、妻は嬉しいし喜びます。

そして、一生感謝します。

 

大好きな夫に、しんどくてつらい時期に支えてもらいたいと思うのは正直な気持ちだと思います。

これからどんどんお腹が大きくなって、つわりの時期が終わっても、妊婦のしんどさは続きます。

出産まであっという間です。

しっかり妻をサポートして、楽しいマタニティライフを2人で築いていって欲しいと思います。

 

あなたの妻はきちんと葉酸を取れていますか?

葉酸飲んでますか?

つわりでつらい妊娠初期。

赤ちゃんの頭や脳が作られる大切な時期でもあります。

つわりでしんどいと、栄養を摂取しにくくなりますが、頑張って「葉酸」だけはきちんと摂るようにしてください。

葉酸が不足すると、赤ちゃんに先天性異常(神経管閉鎖障害)が起こる可能性が高く、危険です。

厚生労働省も、妊娠の可能性のある人に、葉酸を摂取するよう促しています。




ベルタ葉酸サプリなら
必要な栄養が取れます

おすすめの葉酸サプリは「ベルタ葉酸サプリ」です。

無臭なのでつわりで苦しくても飲みやすいです。

また表面もサラっとしているので、喉にひっかかってオエッとなる心配もありません。

 

ベルダの葉酸サプリには、厚生労働省が推奨している栄養価の高い成分が配合されています。

雑誌でもよく紹介されていて、芸能人も飲んでいるほど、人気のサプリです。

無添加・無香料で、ビタミン、ミネラル、鉄分、カルシウム、野菜が配合されているので、食事が取れなくても栄養を摂取することができます。

大切な赤ちゃんのためにも、食事ができなくても、きちんと葉酸だけは摂るようにしてください。

 

関連記事 葉酸とは?なぜ妊婦さんに必要なの?サプリは飲まなきゃいけないの?

↓ 詳しくはコチラ ↓
【ベルタ葉酸サプリ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です