【0〜4歳】買ってよかったおすすめ知育玩具・おもちゃ 29選

共働きで子育て中の妻がいつもイライラ。夫にキレる原因と解決法

共働きで子育て中の妻がいつもイライラ

 

仕事で疲れて帰ってきたら、妻がイライラしている。

付き合っているときは、あんなに可愛かったのに、結婚して子どもが生まれたら、ずーーーっとキレっぱなし。

毎日ガミガミうるさく言ってるけど、とりあえず聞き流しておこう・・

 

もし、あなたがそう思っていたら、それは危険信号です。

 

聞いてるほうが疲れるほど、妻が色々言っているうちは、実はセーフ。

 

急に何も言わなくなり、穏やかな生活になってきたら。

安心ですか?ホッとしますか?

 

いえいえ、何も言わなくなったということは、おしまいの合図

妻は、あなたとの離婚を着実に進めている証拠なのです。

 

妻がいつもイライラしている理由の大半は、夫であるあなたが原因です。

 

家事や育児。あなたはできていますか?

「手伝ってるよ」なんて、家事・育児について妻主体の考え方をしていませんか?

 

家事・育児を「手伝う」と言う男性が多いですが、それNGワードですからね!

手伝うって何!

風呂やトイレ、アンタも使ってるでしょうが!

2人の子どもなのに、手伝うだ〜〜!?

と、キレられてしまいますよ!

 

妻も働いていて、さらに家事、育児でしんどいのです。

 

あなたの妻はいつもイライラしていますか?

それならまだ解決方法はあります!間に合います!

この記事を参考に、家庭内トラブルをぜひ減らしていってください。

 

育児に協力しない夫に離婚を考える妻はけっこういる

育児に協力しない夫に離婚を考える妻はけっこういる

 

毎日残業で疲れていて、休日本当はゆっくり寝たいのに、子どもが起きる時間に頑張って起きてる!

休日は子どもとちゃんと遊んであげて、俺イクメン!

なんて思っていませんか?

 

妻はそんなあなたを見て

「休日しかパパ業やってないクセに、イクメン面しやがって・・」とイライラしているかもしれません。

 

実際、共働きのママさん達の話を聞くと、

 

普段何もしてないのに、ちょっと子どもと遊んだだけで、イクメン気取り。

イクメンを名乗りたいならせめて、ご飯を作って、お風呂入れて、寝かしつけしてからにしろ!

(30代 事務職)

 

たま〜に入れてくれるお風呂。

「お風呂に入れてあげた!」と言うけれど、実際は入れてるだけ。

体を拭いて、スキンケアして、着替えさせて、全部でお風呂だからな!

(20代 販売スタッフ)

 

子どもを寝かしつけしながら、自分も寝落ち。

「しまった!片付けができてない!」と飛び起きたら、リビングでゲラゲラ笑いながらテレビを見ている夫がそこにいた。

もちろん、片付けなんてしてくれていない。

笑っている夫に殺意を覚えた。

(30代  企画・マーケティング職)

 

妻は「私も働いているのに、家事、育児、全てひとりで負担している」という不公平さに不満を感じているのです。

専業主婦であれば、こんな不満は出ないでしょう。

 

働く妻は家事や育児に協力しない夫に対し

「家事や育児を協力するか、できないならもっと稼いでこい!」と腹の底では思っているのです。

 

家事や育児をしない夫、してるつもりの夫に対し、妻のイライラは溜まるばかり。

そして、離婚という2文字が頭に浮かぶようになります。

 

家事や育児に協力しないどころか、休日になると家族を放ってサーフィンに行ってしまう夫を持つ女性(30代 Webマーケティング職)に話を聞くと、

 

実家が遠方(新幹線で3時間程度)なので、実家近くの支社への転勤を、夫には内緒で人事に依頼しています。

転勤が決まれば、子どもを連れて別居!

生活がうまくいきそうなら、離婚しようと思っています。

まずは別居からです。

 

と、話してくれました。

 

あなたの妻は、あなたの知らないうちに、離婚に向かって行動しているかもしれません。

 

でも、今からでもきっと間に合います!

あなたの心がけ次第で、すぐに流れは変わり、必ずうまくいくのです。

 

「仕事で疲れているから」では妻は納得しない

「仕事で疲れているから」では妻は納得しない

 

男性はすぐに「仕事で疲れている」と言ってしまいます。

確かに残業もこなし、責任がある立場で、大変だろうと思います

 

ですが、たとえ妻が短時間勤務であったとしても、妻も働いていて、短い時間に背負っている仕事があるのです。

 

ここが夫婦間で平行線に陥りやすいところです。

お互い、俺のほうが・・私のほうが・・しんどいと思っているのです。

 

もし、できるなら、妻に頼ることなく1度ひとりで子どもの面倒を見てみるといいかもしれません。

妻を休日1泊2日で外出させるのです。

たった1日ですが、ご飯を作り、お風呂に入れ、寝かしつけまで全てひとりでやってみるのです。

 

仕事が大変か、子育てが大変か、理解できると思います。

 

子育ては、理不尽の連続です。

今入れたお茶をこぼされたり、せっかく作ったご飯を投げ散らかされたり、効率がとても悪いのです。

 

妻のイライラを解決する方法

妻のイライラを解決する方法

 

妻が毎日イライラしていると、疲れますよね。

仕事で疲れて帰ってきてるのに、ずっとイライラされてしまっては、正直身が持ちません。

 

ですが、妻のイライラには原因があり、高確率で夫であるあなたに対してイライラしています。

口では子どもにイライラしていると言っていますが、子どものせいにしているだけなのです。

 

そこで、今日からすぐに妻のイライラを解消できる方法を紹介します。

 

解決しようとしないで、まずは妻の話を聞く

 

あれ、解決しないんかい!と、思いましたか?

そうなんです、オンナとは面倒な生き物で、夫に話を聞いてもらいたいだけで、解決策はな〜んにも求めていないのです。

 

「そうか・・毎日大変だね・・それはしんどい。よく頑張ってくれてるよ」

と、日々の大変さを認めて欲しいだけなんです。

 

「頑張ってくれてるね」「すごいね」に付け加えて、

「ママになっても可愛いね」と言えたら、120点です。

 

 できることから協力する

 

話を聞いてあげ、褒めてあげることができたら、できる範囲で良いので、家事、育児に協力しましょう。

 

やってるつもりなのに・・という人は、どういうところが足りていないのか妻に聞くのが1番なのですが、悲しき男のプライド。

聞くのがイヤなんですよね〜。

 

聞かないから分からない。

分からないからやらないの負のスパイラル。

 

掃除しなくても平気な男性なら、妻に掃除してって言われても「え?これでいいやん」ってなりますしね。

そもそもの男女は価値観が違うので、理解し合えないところもあります。

 

聞くのが嫌なら、提案というカタチをとってみてはいかがでしょうか。

「食洗機にお皿入れるくらいなら、俺にもできるよ?」とか、

「保育園(幼稚園)の準備は俺が担当しようか?」みたいに。

 

手順が分からないなら、「手順はLINEで送っておいてくれる?」でOK。

これならプライドを保てたまま、お伺いを立てることができます。

 

でも、聞けるなら聞いたほうが本当はいいです。

トンチンカンな提案をして怒られても嫌なので・・。

 

月1、家事代行サービスに頼る

月1家事代行サービスを利用する

 

妻に食器洗いを頼まれ、一生懸命洗ったのに、

「シンクが洗えてない」とか「排水口のネットのゴミくらい捨ててよ」なんて叱られたりしませんか?

 

妻は食器洗いだけをお願いしてきたのに、シンクや排水口のことまで言ってきて、本当ムカつきますよね。

だったら最初から食器洗いと、シンク洗いと、排水口のネットのゴミ捨てをお願いと言え!指示不足じゃ!

と、いう気持ちは分かりますが、妻は毎日セットでやっているのでそれが当たり前になり、どうしても指示不足になるんですよね。

 

こんなことで毎日イライラがつのり、家庭内別居、さらには離婚にまで発展しては、バカバカしいです。

ですが、掃除が原因で夫婦喧嘩が絶えないのも事実です。

 

ここはスパっとお金で解決。

月1回、家事代行サービスに頼ることを検討してみてください。

 

仕事で疲れてしんどいのに、妻に掃除を頼まれ、さらに文句まで言わるとなるとストレスですよね。

月1回プロに掃除してもらえるとなると、普段少ししか掃除しなくても、怒られずに済みます。

プロですから、妻より上手ですしね。(小声)

 

月1回、家がピカピカになるのは気持ちいです。

経済的にどうしても余裕がないなら仕方ありませんが、ムダな喧嘩も減りますし、最強のコストパフォーマンスです。

 

家事代行サービスは「CaSy(カジー)」がおすすめ

【CaSy】家事代行サービス

出典:【CaSy】

家事代行サービスって、富裕層が使用するイメージが強いですが「CaSy(カジー)」は違います。

安心価格で良質。とっても利用しやすいんです。

 

Checkお財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy

料金設定

  • スポット利用:1時間2,500円+交通費700 円
  • 月1回定期利用:1時間2,390円+交通費700 円

 

これなら、ちょっと何かを節約すれば、導入できそうじゃないですか?

月1回2時間利用しても、4,780円+交通費700円=5,480円

かなりの良心価格です。

 

リラクゼーションマッサージだと1時間で6,000円。

それより、断然お安いです。

 

知らない人が家に入って掃除してもらうなんて・・と、抵抗があるかもしれませんが

  • 面接やスキルチェックを含む厳しい選定
  • 本人確認の徹底
  • 研修・トライアルの実施
  • 個人情報の保護のための社内教育・機密保持契約
  • マニュアルの完備

 

と、徹底されています。

 

「CaSy(カジー)」には、鍵のお預かりサービスも用意されています。

最初はどんな人が来て、どんな感じで掃除していくれるのか、見極めるためにも一緒にいて、

何度かお願いしていくうちに、お互い慣れてきて大丈夫!と思ったら、鍵を預けてみてはどうでしょうか。

 

家に帰ってきたら、家がピカピカだったら嬉しいですよね。

防犯面が心配な方も、慣れたキャストさんが来てくれるなら安心ではないでしょうか。

 

料理代行もあり、作り置き用も作ってくれるので、どちらか苦手な方を利用するのもアリですよね。

 

月々5,500円程度で、夫婦間の喧嘩もなくなり、毎日穏やかに過ごせたら、とても価値のあるお金の使い方だと思いませんか?

 

また、妊娠中や産後すぐの身体はしんどいので、そんなときこそ利用すれば、妻は大喜び。

夫の株が上がること、間違いありません。

登録はこちら。
\ Webで30秒で登録できます /
【CaSy】

妻に感謝の気持ちを伝える

妻に感謝の気持ちを伝える

感謝なんていつもしてるし、言わなくても伝わっている。

と、思っている男性って案外多いのですが、はっきり申し上げて、妻には全く伝わっていません。

 

残念ならがら、どれだけあなたが妻に感謝していても、言葉に出さないと何も伝わらないのです。

 

実際「いつもありがとう」と言われ、驚きと嬉しさで涙する女性は多いものです。

 

妻に感謝の気持ちを言われたこともないのに、俺から言いたくない!という人も騙されたと思ってぜひ言ってみてください。

 

あなたが口にするようになれば、自然と妻も言うようになってきます。

あなたが妻を変え、穏やかで楽しい毎日を死ぬまでずっと過ごせたら、幸せだと思いませんか?

 

たった一言の「ありがとう」が、幸せに導いてくれます。

ぜひ、今すぐ試してみてください。

 

まとめ

ここまで妻のイライラを解決する方法を紹介しました。

 

  • 1泊2日妻に外出してもらい、家事、育児を全てやってみて、どこが大変か理解する。
  • 妻の話を聞いてあげる→ 意見や解決法は言わない。とにかく聞いてあげる。
  • 家事や育児面で、何をして欲しいか妻に聞いてみる。
    聞くのが嫌なら、自分ができそうなことを提案してみる。
  • 「いつも頑張ってるね」「ママになっても可愛いね」など、言いにくいことも頑張って言ってみよう。
  • 月1回、家事代行に頼ると自分が掃除しなくてもいいよ。
  • とにかく妻に感謝の気持ちを今日から伝えよう。

 

全部は無理でも、できることからぜひやってみてください。

きっと、家庭が穏やかに平和になってきます。

 

妻はただただ、夫であるあなたに認められたいだけなんですよ。

 

男女の価値観の差が理解できるおすすめ図書

 

効率の良いお金の増やし方・お金の守り方を知るならこちら



節約したり、お金を増やしたいなら、まずはお金について知ることです。

節税?投資?複利?わからーーん!では、いけません。

今すぐ勉強して、将来に備えましょう。

Check 早い者勝ち!参加費無料のマネーセミナー

 

まずは無料セミナーから参加してみてください。

マネー知識のない人でも理解できるプログラム構成になっているので、予備知識なしで参加できます!

 

 大人気!お金の貯蓄&節約セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です