【0〜1歳】赤ちゃんの言葉を増やす 語彙力アップする5つの教え方

赤ちゃんの語彙力を増やそう

外出時でも割と大きな声で赤ちゃんに語りかけていたため、審者扱い?されたことのある にじまま( @nijimama_m)です。

 

にじまま

この記事では、我が家の姉妹に効果があった方法を紹介します。

長女は有名幼児教室、次女はベビーくもんを受講しました。

そこで教えてもらった方法で、効果が高かったものだけを厳選して紹介します。

ちなみに、現在長女は6歳、次女は3歳です。

 

にじまま

子どもたちは2人とも早い段階で会話ができるようになりました。

1歳になる前に、二語文で話せていました。

その後も、「とりないている」「こわいからみない」などの助詞も使えるようになっていました。

 

にじまま

子どもたちの「話す」という発達で、悩んだことは一度もありません。

乳児期の親子の関わりを大切にすることで、確実に語彙が増えていきます。

この記事では、「赤ちゃんの言葉を増やす 語彙力アップする5つの教え方【0〜1歳】」について書いていきます。

この記事は、 2018年2月8日に公開された記事を再編集しています。

赤ちゃんが言葉をたくさん話せるようになる5つの教え方

赤ちゃんが言葉をたくさん話せるようになる教え方

にじまま

結論からいうと、とにかく話しかけること!

語彙を増やすには、まずことばを聞かせることが大切です。

具体的にな方法は5つあります。

  1. 暇さえあれば話しかける
  2. 童謡をうたってあげる
  3. 赤ちゃん語は使わない
  4. ひとつの言葉をくり返し伝える
  5. とにかく絵本を読み聞かせる

順番に紹介していきたいと思います。

1. 暇さえあれば話しかける

暇さえあれば話しかける

にじまま

話しかけ続けるぐらいの勢いで、語りかけます。

 

ポイントは、はっきりとした口調で、ゆっくりと話しかけること。

家の中でも、外出先でも話しかけていきます。

  • お腹すいたのかな?
  • おむつ替えようか。おむつ替えると気持ちがいいね
  • お花が咲いていて、きれいだね
  • 電車が来たね。みどり色だったね
  • 今日はあたたかくて気持ちが良いね

など、赤ちゃんの気持ちになって話しかけたり、そのときの状況を説明するようにすると話しかけやすいです。

 

にじまま

寝ているときでも話しかけると良いそうです!

「よく寝てるね」など、小声で話しかけてみてください。

2. 童謡をうたってあげる

歌は親の声で聴かせる

うた聞かせでことばの数が増えることはもちろん、

親子の信頼関係も築くことができると脳科学や心理学の面で解ってきたそうです。

また、歌は赤ちゃんを笑顔にする効果があります。

ぐずり泣きしているときに、お気に入りのうたを歌ってあげることで赤ちゃんが泣き止むことも。

 

にじまま

歌うことは、メリットでいっぱいなんですね!

また、何を話しかけたらよいか分からなくなったときに歌をうたうのもおすすめです。

我が家では、「くもんの童謡カード」を使ってうた聞かせをしました。

童謡カード

曲のイメージの挿絵と歌詞が書かれたカード、CDが収録されています。

くもんの童謡カード

このカードを見せながら、親が歌います。

 

にじまま

カードがあると、小さな子どもでも情景がイメージしやすくなります。

言葉が理解できる頃になったら、歌詞にある難しいことばの意味を説明します。

そうすることで、さらに語彙が増えます。

3. 赤ちゃん語は使わない

赤ちゃん語・幼児語を使わない

にじまま

赤ちゃんのときから正しいことばを教えてあげるようにします。

 

例えば「ワンワン」や「ニャーニャー」など、言ってしまいがちですよね。

ですが「ワンワン」や「ニャーニャー」は動物の名前ではなく、鳴き声です。

犬がワンワンと鳴く、猫がニャーニャーと鳴く、と正確に教えるようにします。

 

にじまま

子どもが間違ったことばを話した場合も、根気よく修正します。

おにぎりのことをぎにと言ったり、とうもろこしとうころもしと言ったり。

子どもの言い間違いは可愛いのでそのままにしておきたくなりますが、正しい言葉をその都度教えるようにします。

4. ひとつの言葉を繰り返し伝える

赤ちゃんへの言葉の教え方

にじまま

ひとつの言葉を繰り返し伝えると、早く覚えてくれます。

色の三原色(赤・青・黄)や、赤ちゃんが触れる身近な物から伝えるようにします。

 

にじまま

カードを使うのもおすすめです。

我が家の場合「くだものやさいカード」を使ってことばを増やしました。

くだものやさいカード

まずは、赤いカードだけ「赤いりんご」「赤いいちご」「赤いトマト」だけを見せて、

赤、赤、赤、と伝えていくうちに「赤」という言葉を口に出すようになります。

くもん「くだものやさいカード」

にじまま

ただ伝えるだけよりも、かなり早く覚えてくれます。

5. とにかく絵本を読み聞かせる

絵本の読み聞かせをする

にじまま

読み聞かせをするだけで、語彙は増えます!

ことば数が少ないかな?と思ったら、読み聞かせの数を増やします。

そうすることで、必ず語彙が増えます。

 

にじまま

絵本の効果って本当にすごいです!

最初は絵本に興味を持ってくれなくても、続けていくうちに必ず聞いてくれる日が来ます。

面倒な日もあると思いますが、読み聞かせはできるだけ毎日して欲しいと思います。

絵本読み聞かせ1日30冊 読んだら天才児_【絵本の読み聞かせ効果】1日30冊読んだら天才児って本当?

まとめ

赤ちゃんがたくさん言葉を話すためにしている5つのこと

この記事では、「赤ちゃんの言葉を増やす 語彙力アップする5つの教え方【0〜1歳】」について書きました。

幼児教室やベビーくもんの先生から教えてもらい、効果のあったものを厳選して紹介しました。

 

にじまま

親子の時間を1日10分作るだけで変わります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

にじまま( @nijimama_m)でした。

賢い子を育てる母親の特徴賢い子を育てる母親の特徴って?子供を伸ばす5つ方法 絵本読み聞かせ1日30冊 読んだら天才児_【絵本の読み聞かせ効果】1日30冊読んだら天才児って本当? ベビーくもん無料お試しに行ってきました。【ベビーくもん】2週間無料お試し体験に行ってきた ベビーくもん卒業しました。【ベビーくもんアドバンス卒業しました】全24回受講した効果と評価 買ってよかったくもんのカード【くもんのカードおすすめ7選】買ってよかった公文式カード 買ってよかったくもんの知育玩具【くもんの知育玩具おすすめ8選】買ってよかった公文式おもちゃ

2 COMMENTS

mraka2015

ウチも本当によく話しかけしましたよ。
特に長女は言葉を覚えるのが早くて、生後6ヶ月でバイバイと言い、7ヶ月の時にパパママと言ってくれました。
語りかけとかは本当に大事ですね。

返信する
nijimamajyuken

碧乃あか男 さん
コメントありがとうございます!嬉しいです。
6ヶ月でバイバイは早いですね!やっぱり語りかけは大切ですね〜。
今も一生懸命子どもたちに語りかけています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です