【年齢別】買って後悔しないおすすめ知育玩具20選

【0〜1歳】赤ちゃんの言葉を増やす 語彙力アップする5つの教え方

赤ちゃんの語彙力を増やそう

 

言葉はコミュニケーションに欠くことができない大切なツールです。

家族や友達とのコミュニケーションはもちろん、頭の中での考えを整理するときにも役立ちます。

言葉を知れば知るほど、子どもの内面の世界が広がっていきます。

 

親の意識で話せる言葉の数に違いが出てきます。

 

1歳4ヶ月のうちの娘ですが、

1歳半で話せる言葉の数の平均は10語ほどに対し、50語以上は話せます。

  • 「ワン(犬の鳴き声)こわい」
  •  「(何かを見つけて)コレ あった!」
  •  「バナナ たべる」

程度の2語文なら1歳になる前から話せるようになりました。

幼児教育にたずさわる先生から「2歳程度の能力」と言っていただきました。

 

この記事では、うちの子がたくさんことばを覚え、話せるようになった方法を紹介したいと思います。

最近の子どもたちは語彙力が低下してきている

最近の子どもたちは語彙力が低下してきている

 

最近の子どもたちは言葉を話す力、語彙力が低下しているそうです。

 

おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に住んでいない「少子化」が原因の1つとしてよく挙げられていますが、

最大の原因は親のスマートフォンの使いすぎではないかと言われています。

赤ちゃんをベビーカーに乗せ、親はずっとスマートフォンを触っている光景をよく見かけます。

 

語彙力を伸ばすことに、親子のコミュニケーションは欠かせません。

親子の会話やコミュニケーションがなければ自分のモノにはならないのです。

 

子どもによって土台作りにかかる時間は違いますが、3歳になるまでになるべく親子の接触多くして、言葉を増やすことが大切です。

 

後からそういった時間を持とうとしても、成長と共に難しくなってきます。

小さい頃からの親子のコミュニケーションが語彙力を伸ばします。

赤ちゃんが言葉をたくさん話せるようになる5つの教え方

赤ちゃんが言葉をたくさん話せるようになる教え方

 

幼児教育の先生から聞いた方法や、実際やってみて効果があった方法など、言葉をたくさん話せるためにしている5つのことを紹介します。

1. 暇さえあれば語りかける

暇さえあれば話しかける

 

家の中でも、外出先でも、暇さえあれば語りかけるようにします。

ポイントは、はっきりとした口調でゆっくりと話しかけること。

 

泣いていれば「どうしたのかな?お腹すいたのかな?」

おむつを替えるときは「おむつ替えようね、おむつを替えると気持ちが良いね」

など話しかけます。

 

私の場合ですが、外出していても、誰がいようと構わず話しかけていました。

踏切で待っているときは「カンカンカン、電車がもうすぐ来るよ。何色の電車が来るかな?」

花が咲いていれば「赤い花が咲いているね。これはチューリップって言うんだよ」などです。

 

幼児教育の先生から、抱っこ紐で赤ちゃんが寝ているときにでも話しかけると良いと聞き、

「よく寝てるね〜」など小声で話しかけたりもしていました。

 

2. 歌は親の声で聴かせる

歌は親の声で聴かせる

 

出産した病院から退院したその日から、意識して歌聞かせをしました。

CDを聴かせるだけでも良いと思うのですが、どうしてもBGMになってしまうので親が全力で歌うにしています。

 

歌聞かせは語彙力だけでなく、想像力を育むと言われています。

 

うちは、くもんの童謡カードにほんごであそぼのCDを購入しました。

 

くもんは教材という感じで、子どもと一緒に歌いやすい曲が収録されてします。

童謡カードの絵を子どもに見せながら歌うと、歌のイメージが持ちやすいです。

 

にほんごであそぼは、昔ながらの日本の言葉が使われている曲ばかり。

早春賦、故郷、ペチカなど、子どもに知っていて欲しい曲がたくさん収録されています。

特に「スキー」のアレンジが素敵すぎるので、ぜひ聴いて欲しいです。

 

我が家では、車の中でCDを流し、家ではだいたい1日10曲程度歌いかけるようにしています。

しんどい日は5曲くらいに減らすこともあります。

 

日々赤ちゃんに歌いかけることが大切です。

歌う曲数が少なくても良いので、ぜひ親の声で聴かせてあげてください。

 

3. 赤ちゃん語・幼児語を使わない

赤ちゃん語・幼児語を使わない

 

幼児語、例えば「ワンワン」や「ニャーニャー」は、

小さな子どもが話しやすくするため、理解しやすくするために使いがちです。

 

ですが、「ワンワン」や「ニャーニャー」は動物の名前ではなく、鳴き声です。

犬がワンワンと鳴く、猫がニャーニャーと鳴く、と正確に教えるようにします。

 

また、子どもが間違った言葉を話した場合、根気よく修正します。

おおかみのことをおおかと言ったり、とうもろこしとうころもしと言ったり。

子どもの言い間違いは可愛いのでそのままにしておきたくなりますが、正しい言葉をその都度教えるようにします。

 

4. 絵本の読み聞かせをする

絵本の読み聞かせをする

 

本は読まなければならないものではありませんが、本を読むことで知らなかったことを発見でき、読む人の世界を広げてくれます

読書が嫌いだと、いろいろなことを知るチャンスを逃してしまいます。

 

また本を読まないと今後の勉強にも影響してきます。

国語はもちろんのこと、算数も計算問題はできても文章問題が解けなかったりします。

 

小さい頃にきちんと絵本を読んであげていれば、読書好きになってくれるそうです。

 

公文式の幼児教育のスローガンに

1日5冊で本の大好きな子に

10冊で優秀児に

30冊で天才児に

というのがあります。

本当かどうか我が子と検証してみた結果、急激に言葉数が増えて驚きました。

 

ずっと毎日1日30冊読むのは大変なので、3日間だけ1日30冊読むというゆるい検証ですが、かなり効果が高かったです!

興味のあるパパさんママさんは、ぜひお試しください!

読み聞かせ1日30冊で天才児!?絵本読み聞かせの効果を検証!1日30冊読んだら賢い子になるの?

5. ひとつの言葉を繰り返し伝える

ひとつの言葉を繰り返し伝える

 

ひとつの言葉を繰り返し伝えること、早く覚えてくれます。

色の三原色(赤・青・黄)や、赤ちゃんが触れる身近な物から伝えるようにします。

 

カードを使って視覚と聴覚で覚えさせると、さらに早く覚えてくれます。

女の子は食べ物、男の子は乗り物が興味を持ってくれやすいと思います。

我が家は娘なので、くもんの「くだものやさいカード」を使用しています。

 

我が家の具体的な使い方として、

最初、赤い食べ物のカードだけを見せるようにします。

「赤いりんご」「赤いいちご」「赤いトマト」など。

赤、赤、赤、と伝えていくうちに「赤」という言葉を子ども本人が口に出すようになります。

さらに続けていくと、自分で赤を見つけ指差し「あか あった!」と言ってくれるようになりました。

 

また、バナナが大好物なのでバナナのカードを何度も見せ「黄色い バナナ」と何度も繰り返し伝えました。

好きな食べ物はすぐに覚えてくれます。

 

ポイントは欲張って詰め込まず、1つの単語を子どもが口に出すようになるまで伝え続けることです。

最初からすぐに言葉を発したりしないので、親が根気が必要です。

絵本を読み聞かせる感覚でカードを見せてあげてください。

まとめ

赤ちゃんがたくさん言葉を話すためにしている5つのこと

 

言葉はコミュニケーションに欠くことができない大切なツールです。

家族や友達とのコミュニケーションはもちろん、頭の中での考えを整理するときにも役立ちます。

言葉を知れば知るほど、子どもの内面の世界が広がっていきます。

 

日々終われるように忙しい中、赤ちゃんとの時間を作ることは難しいかもしれません。

ですが、親子のコミュニケーションが赤ちゃんの言葉を増やしてくれます。

1日10分でもいいのでスマホを置いて、赤ちゃんと向き合う時間を作ってみてください。

  1. 暇さえあれば語りかける
  2. 歌は親の声で聴かせる
  3. 赤ちゃん語・幼児語を使わな
  4. 絵本の読み聞かせをする
  5. ひとつの言葉を繰り返し伝える

ぜひ、こちらの5つを試してみてください。

 

2 Comments

mraka2015

ウチも本当によく話しかけしましたよ。
特に長女は言葉を覚えるのが早くて、生後6ヶ月でバイバイと言い、7ヶ月の時にパパママと言ってくれました。
語りかけとかは本当に大事ですね。

返信する
nijimamajyuken

碧乃あか男 さん
コメントありがとうございます!嬉しいです。
6ヶ月でバイバイは早いですね!やっぱり語りかけは大切ですね〜。
今も一生懸命子どもたちに語りかけています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です