【0〜4歳】買ってよかったおすすめ知育玩具・おもちゃ 29選

【11ヶ月】絵本読み聞かせ「1日30冊で天才児」を3日間試した結果

 

絵本を読み聞かせすると、集中力、想像力、語彙力などがアップします!

なんて、よく聞きます。

 

実際読み聞かせてみてどうですか?

効果ありそうですか?

 

私自身、効果があるのかどうか分からず、なんとなく読み聞かせていました。

そんなとき、

1日5冊で本の大好きな子に

10冊で優秀児に

30冊で天才児に

という、くもんのスローガンに出会いました。

 

1日30冊で天才児?本当?
それだけで?

でも実際毎日1日30冊読み聞かせるとなると、ハードルが高いのも事実。

 

そこで3日間だけ、「1日30冊」を11ヶ月の娘と試してみました。

すると、びっくりくるくらいの効果があったんです!

絵本の効果ってこんなにあるんだ!

毎日30冊は難しくても、コツコツ続けて読めば、すごいことになるぞ・・と、確信しました。

 

この記事では、11ヶ月の娘と3日間で90冊絵本を読んだ効果をまとめています。

本当に凄いので、ぜひみなさんも試しください!

 

絵本読み聞かせのやり方

 カウントの方法

同じ絵本を3回読んだら、3冊とカウントします。

絵本から他のものへ興味が移っても気にせず読み続ける。

大人から見れば「全然聞いてない!?」という状態でも、耳ではちゃんと聞いているそうです。

次女が気に入った絵本を特に強化して、何度も繰り返し読むようにする。

f:id:nijimamajyuken:20170913142525j:image

3日間で反応が良かった絵本は、上の写真の4冊でした。

どのように反応が良かったのか、紹介したいと思います。

1. 絵本「おおきい ちいさい」の読み聞かせ効果

【絵本のあらすじ】

大きい丸と小さい丸、大きな四角と小さな四角。いろいろな形の大小を、抽象画で見せていきます。

言葉は「おおきいちいさい」のくり返し。

日本のモダンアートの第一人者・元永定正さんならではの、不思議で愉快な絵本です。

福音館書店

「おおきい」と読むときは、大きい絵を、「ちいさい」と読むときは小さい絵を指差すようにして読んでいました。

何度か繰り返し読んでいると、次女も一緒に真似しながら指差しをしてくれるようになりました。

3日目には、私が指を差さなくても「おおきい」「ちいさい」と読むだけで、ひとりで指差ししていました。

2. 絵本「 きんぎょがにげた」の読み聞かせ効果

きんぎょが にげた (幼児絵本シリーズ)

【絵本のあらすじ】

きんぎょが1ぴき、金魚鉢からにげだした。どこににげた?

カーテンの赤い水玉模様の中にかくれてる。

おや、またにげた。

ページをめくるたびに、にげたきんぎょがどこかにかくれています。

小さな子も指をさしながらきんぎょを探して楽しめます。

福音館書店

「どこににげた?」と読んでから「ここに金魚さんいるね」と指差すようにしていました。

2日目からなんとなく指差せるようになり、3日目にはかなり的確に金魚を指差せるようになりました。

f:id:nijimamajyuken:20171031183845j:plain

金魚を探し当てているのではなく、何度も読み聞かせたことによって場所を覚えているようでした。 

ここまでの「できるようになったこと」のまとめ

  • 精度の高い指差しができるようになった。
  • 大小の概念を理解した

0〜3歳のうちに色・形・大小・数・量の5つの概念を理解させるようにすると賢い子が育つそうです。

関連記事 03歳】くもんの先生に聞いた賢い子どもに育てる5つの方法

3. 絵本「ノンタンおはよう 」の読み聞かせ効果

ノンタンおはよう (赤ちゃん版ノンタン (7))

【絵本のあらすじ】

ノンタンが「おはよう!」みんなも「おはよう!」

なかよくおやつは「いただきまーす」

ノンタンと一緒に、みんなでごあいさつ。

偕成社

読み聞かせするとき、手を合わせて「いただきます」と読んでいました。

最初はその様子をただ嬉しそうに見ていただけでしたが、徐々に一緒に手を合わせるようになり、2日目頃から「いただだだ~」と言えるようになりました。

また食事の際、長女が手を合わせて「いただきます!」というのを見て、一緒になってぱちんと手を合わせ「いただだだ~」と言えるようになりました。

4. 絵本「 ばいばい」の読み聞かせ効果

ばいばい (まついのりこのあかちゃんのほん)

【絵本のあらすじ】

いろんな動物が順々に「こんにちは」、そして「ばいばい」と手をふります。

心地よいくり返しが、動物たちとの親近感を深めます。

偕成社

読み聞かせするときに「こんにちは」のときはおじぎをして、「ばいばい」のときは手を振って読んでいたら、

一緒になっておじぎをして、手を振りながら「ばいばい」と言えるようになりました。

また、この絵本を本棚から自分で見つけ出し「ばいばい!」と言って私に差し出すまでになりました。

ここまでの「できるようになったこと」のまとめ

  • 言葉が増えた。
  • 言葉に動作が関連づけられた。

その他「できるようになったこと」

  • 絵本に興味を持ち、大切にしてくれるようになった

この3日間で1番驚いたのは、これかもしれません。

今で絵本を破ったり、食べたり、投げたりしていたのに、一切しなくなりました。

絵本の正しい扱い方をこの3日間で理解したようでした。

ひとりで絵本を見るときも、雑に扱わず大切に1ページづつめくって見るようになりました。

まとめ

たった3日間でこれだけの効果がありました。

最初は1日30冊なんて読めるかな?と思ったのですが、0〜1歳の絵本は文章が短く、簡単なので、3日間と決めれば30冊はそれほど負担ではありませんでした。

  • 絵本から他のものへ興味が移っても気にせず読み続ける。
  • 子どもが気に入った絵本を強化し、繰り返し読むようにする

授乳中の方であれば、授乳をしながら読むのもおすすめです

目を見て語りかけるように読んであげることがポイントです。

 1日30冊以上の読み聞かせを試された方の記事

この記事をご覧になられて、実際3日間で90冊以上の読み聞かせにチャレンジされた方の記事を紹介します。

すみれもん さんが、10ヶ月のお子さんに3日で約100冊読み聞かせされた記事です。

10ヶ月のお子さんが「声真似」や「変顔」をするようになったそうです! 

スコママ(id:Sco-mama)さんも3日で101冊にチャレンジされたそうです。

6か月のお子さんへの効果は「まあまあ」とのことですが、絵本を読んでいる最中に、他の遊びをほとんどしなくなったんだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です