【公文式】3歳年少から公文式教室に通い出して1年が経った口コミ・評価

くもんに行って1年たった口コミ

うちの子が、年少 3歳5ヶ月から公文式に教室に行き出して1年が経ったので、感想を書いていきたいと思います。

くもん国語教材

1年通って成長できたこと、効果があったことは、

  • 毎日学習することが当たり前になった
  • 文字が文章で書けるようになった
  • 100字程度の文章をスラスラ読めるようになった
  • かんたんな たし算ができるようになった


にじまま
にじまま

うちの子なりに、確実に効果がありました。

1年間コツコツやってきた効果や、くもんのメリット・デメリットについて紹介したいと思います。

くもんを1年続けてどこまで進んだか

うちの子は年少 3歳5ヶ月から公文式教室に通い出しました。

にじまま
にじまま

国語と算数の2教科からスタートしました。

くもんに行く前からできていたこと
  • ひらがながすべて読める
  • 自分の名前は書ける
  • それ以外の文字も少しは書ける
  • 数の概念を10くらいまでは理解している
  • 100まで数えることができる

このスペックで、スタート教材を決める「学力診断テスト」の結果、

国語は7A、算数は6Aからとなりました。

KUMON公式ページ「入会までの流れ」⇒

国語の7Aは、ひらがなを読む教材、

算数の6Aは、かずを数える教材です。

年少3月末までの進み具合は、

国語は2A(助詞の学習・100字程度の文章)を終了

算数は3A(たし算の導入)を終了しました。

年少でできるようになったこと
  • 毎日学習することが当たり前になった
  • 文字が文章で書けるようになった
  • 100字程度の文章をスラスラ読めるようになった
  • かんたんな たし算ができるようになった

くもんを1年続けた期間で困ったこと

くもんに行き出した年少の1年間で1番困ったのは「ときどき教室に行くことを嫌がる」ことです。

ひらがななぞりが終わり、自分の力でひらがなを書く教材(3A)に入った頃でした。

くもんの教材国語

字を書くことがしんどくて、毎日コツコツ続けることがツライくなってきました。

わが子
わが子

くもん、やめたい・・

学習がイヤというよりも、とにかく書くことがしんどいようでした。

原因は、筆圧の薄さと体力的な問題でした。

力が弱いため、書くことがしんどく、うす〜〜い字でした。

わが子
わが子

もう字、書きたくない・・

くもんでは「ズンズン」という運筆練習をします。

くもんの教材ズンズン

それ以外にも自宅で「めいろ」をさせるようにしました。

そうすることで、どんどん筆圧がしっかりしてきて、ひらがなを書くことを嫌がらないようになってきました。

字がしっかり書けるようになると、くもんを嫌がらないようになりました。

また、ほぼ早生まれの娘は、からだも小さく細いので、体力がありませんでした。

また、保育園後のくもんが体力的にしんどい日もあったようです。

休日は家族で外遊びを強化するようにして、じょじょに体力をアップさせるようにしました。

子どもが「くもんを辞めたい!」と言い出したときの解決法子どもが「くもんを辞めたい!」と言い出したときの解決法

くもんを1年続けている期間に工夫したこと

3歳児のモチベーションを保つため、親が工夫したことは、ごほうびシールと文房具です。

ご褒美シールは我が家の必須アイテムです。

ごほうびシール

毎日くもんの宿題が終わったら、ちゃんとくもんの教室に行けたら、ごぼうびシールを貼るようにしました。

それと、かわいい文房具をそろえました。

勉強のときの文房具

うちの子の場合、女の子なので文房具1つでテンションが違います。

ときには、プリントに絵を描いてあげ、モチベーションアップをはかることもありました。

可愛いと頑張れるのも、女の子ならではだと思います。

くもんを1年続けて感じた メリット

圧倒的な反復練習

くもんの特徴と言えば、反復練習です。

これがしんどいというのも事実ありますが、何度もくり返すことで基礎力が身につきます。

年少のうちにしっかり字が書けるようになったり、文章を読んで理解できるようになったり、簡単な計算ができるようになったのは、くもんの反復練習のおかげです。

親だけでは、こんなたくさんの問題を進めることはできなかったと思います。

公文の先生に聞いた幼児が足し算で挫折しない2つの方法

教室のフォローが手厚い

私自身の勝手な印象として、くもんにドライなイメージがありました。

ですが意外とそうではなく、教室のフォローの手厚さにおどろきました。

同じ年頃の子達と、絵本の読み聞かせ、フラッシュカード、手遊びやうたなどを、一緒にする時間を設けてくれています。

くもんの口コミ

また、教材の進め方についてもきちんと相談してくれます。

ゆっくりしっかり基礎を固めたいのが、

先取り学習したいのか、

家庭の方針をしっかり聞いたうえで、進めてくれます。

共働きでも通わせやすい

公文式教室
出典:公文式

くもんは、何時に連れて行かなければならないという決まりがありません。

教室が設定している時間内であれば、何時に通わせても問題ありません。

ワーママにとって時間に縛りがないことは最大のメリットです。

2020年追記

コロナ禍の影響で、決められた時間に行くことになりました。

うちの教室は、残業などでどうしても時間に間に合わないときは、事前に連絡していれば受け入れてもらえています。

各教室でご確認ください。

モチベーションを保つ仕組みがある

くもんには、表彰状をもらえたり、オブジェ(トロフィー)がもらえたり、子どものモチベーションを保つご褒美があります。

くもんの国語オブジェ

写真は、2019年度国語のオブジェです。

頑張るとご褒美があるというのは、とてもいいと思います。

公文のオブジェ(国語)【公文式】ワンオペでも年中でオブジェ(トロフィー)獲得しました。

くもんを1年続けて感じた デメリット

公文式でよく言われているデメリットがあります。

  • 考える力が身につかない
  • 計算は早くなるが、文章問題が解けない
  • 先取りすることばかり考えがちになる
にじまま
にじまま

まったく、そのとおりだと思います。

くもんは、算数は計算力、英語・国語は読解力に絞り込んだ、処理能力を高めるための教材です。

くもんの宿題

なので、くもんの教材で、思考力を高めたいということや、文章問題が解けるようになって欲しいということは無理なんです。

公文式サイドも「直接的な受験対策をするものではない」と言っています。

にじまま
にじまま

算数の場合、そろばんをさせるか、くもんをさせるかと、いう感じです。

実際のくもんのデメリット・・というか怖いところは先取りすることばかり考えてしまうことだと思います。

3学年先まで学習すればオブジェがもらえたり、もっと高度進度学習者には「未来フォーラム」があったりなど、ご褒美があります。

くもんのオブジェ

ご褒美そのものは、いいものだと思います。

メリットの部分でもお伝えしましたが、子どものモチベーションUPにつながります。

にじまま
にじまま

ですが、その制度のせいで先取りだけが目的になってしまいがちです。

勉強するのは子ども本人なので、きちんと子どもの状況を見て、無理をさせすぎない学習計画を立てるべきだと思います。

そこだけは気をつけなければならないところです。

(よそ様のお子さんと)比較しない、あせらない、でもあきらめないが大切です。

3くもんを1年続けた口コミ:まとめ

この記事では、うちの子が年少3歳からくもんに通い、1年が経った感想を紹介しました。

公文式は賛否両論ありますが、基礎力を身につけるにはいい教材と思います。

毎日の宿題など、コツコツ積み重ね勉強していくことで、自己学習力が身につきます。

にじまま
にじまま

自己学習力が身につけば、小学生になったとき「宿題しなさい!」と怒らなくて済みますしね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

にじまま( @nijimama_m)でした。

もくじに戻る

参考 KUMON公文式サイト 子どもが「くもんを辞めたい!」と言い出したときの解決法子どもが「くもんを辞めたい!」と言い出したときの解決法 くもんのおもちゃ おすすめ8選!買ってよかった公文式知育玩具 公文のオブジェ(国語)【公文式】ワンオペでも年中でオブジェ(トロフィー)獲得しました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です