【NEWたんぐらむ くもんの知育玩具レビュー 】図形感覚が身につく効果的なおもちゃ

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

子どもに数学的センスを身につけて欲しい にじまま( @nijimama_m)です。


https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

遊びの中で、楽しく身につけてもらいたいと思っています。

くもんの知育玩具は、数学的センスを養えるおもちゃが豊富で楽しいので、いろいろ試しています。

試した中で、特に図形感覚が身につけられるなと実感したのがくもんの「NEWたんぐらむ」です。

NEWたんぐらむ

「タングラム」とは、正方形の板を7つの異なる形に切り分け、組み合わせるパズルのこと。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

もともとは、中国で考え出され「七巧図(しちこうず)」と呼ばれていたようです。

これを公文式メソッドに落とし込んだものが「NEWたんぐらむ」です。

図形認識力は自然に育たないので、小さな頃から知育玩具で遊ばせておくことが大切です。

この記事では「【NEWたんぐらむ くもんの知育玩具レビュー 】図形感覚が身につく効果的なおもちゃ」について書いていきます。

くもんの知育玩具 NEWたんぐらむの効果

たくさんの種類の図形に触れることで、図形認識力を高めます。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

図形遊びは、数論理能力や思考力も身につくと言われています。

NEWたんぐらむの効果
  1. 手先が器用になる
  2. 図形認識力が身につく
  3. 考える力を伸ばす
  4. 集中力が高まる

図形認識力は自然に育つことはないので、こういった知育玩具で楽しく身につけていくことをおすすめします。

くもんの知育玩具 NEWたんぐらむ ってどんなおもちゃ?

くもんの「NEWたんぐらむ」は、7種類の木製ピースを組み合わせて、いろいろな形を作る図形パズルです。

NEWたんぐらむ

「ガイドボード」を使い、切り抜かれた穴にピースがはまるように考えて置いていきます。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

対象年齢は、3歳以上からの知育玩具です。

内容は、木箱入り木製ピース7個、ガイドボード20枚、ガイドブックです。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

木製ピースは収納するための木箱付きです。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

大中小の直角三角形

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

平行四辺形と正方形

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

2種類の台形の合計7ピースで構成されています。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

ガイドボードは最少2ピースから最多で7ピースまで、全20枚入っています。

大小2タイプのボードで構成されています。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

2〜4ピースが小ボード、5〜7ピースが大ボードです。

2ピース用のガイドボード6枚

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

3ピース用のガイドボード6枚

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

4ピース用のガイドボード4枚

5ピース用のガイドボード2枚

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

6ピース用と7ピース用のガイドボードは各1枚

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

ガイドボードで十分遊び慣れてきたら、ガイドブックの「シルエット」に挑戦します。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

「シルエット」は5ピースから7ピースまでの問題が掲載されています。

「NEWたんぐらむ」は、ガイドボードやシルエットで遊ぶだけでなく、お片付けまでパズルです。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

収納パターンは10通り以上あり、お片付けまで楽しめます。

木箱の大きさは、縦14.5cm×横14.5cm×高さ3.2cmです。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

ガイドボードの大きさは、大が縦18.5cm×横30cm、小が縦15cm×19.2cmです。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

くもんのNEWたんぐらむ」をリュック(エルベシャプリエ)に入れてみます。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

木製ピースとガイドは、それぞれポーチに入れました。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」
くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」
くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

入りますが、ちょっとかさばります。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

くもんのNEWたんぐらむ」は長時間子どもが遊んでくれるので、多少かさばっても持っていく価値があるとは思います。

くもんの知育玩具 NEWたんぐらむの効果的な遊び方

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

くもんのNEWたんぐらむ」の良いところは、ガイドボードがついているところ。

かっちりはめこむことができるので、手先がおぼつかない小さな子どもでもピースがズレにくく扱いやすくなっています。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

最初はガイドボードにピースをはめて形を作ります。

2ピース用のガイドボードを使います。

くもんの「NEWたんぐらむ」

ガイドボードの右下に、使用するピースの絵が書かれています。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

ピースは大人が取り出し準備してあげてください。

ガイドボードのインデックスに番号が振られています。

インデックスの順番どおり遊んでいきます。

ピースを裏返したり、回転させたり、ピースの方向を考えながら当てはめていきます。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

2ピースでも最初はうまくはめ込むことができません。

子どもの思考力を高めるために、できるだけ教えずひとりで取り組むようにします。

ひとりではどうしようもなくなったときは、1つだけ大人がピースを置いてあげます。

1つ置くだけで、すいすいできる場合が多いです。

https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

できたら、とびきり褒めてあげてくださいね!

全部ピースを置くことができたら、ガイドボードを持ち上げます。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

ちゃんとできていたら、ボードがすっと抜けてくれます。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

間違っていたら、ひっかかります。

子ども自身でできたかどうか、確認することができます。

ガイドで7ピースまでできるようになったら、今度は「シルエット」にチャレンジです。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

3歳2ヶ月の次女は、現在4ピースにチャレンジ中です。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

遊んでいる様子を見ていると、ピースの表裏で分からなくなっていることが多いようです。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

上の写真のような感じで置いてしまっていることが多いです。

正しくはこちら ↓

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」
https://pieceofcake39.com/wp-content/uploads/2018/03/image-1.jpg
にじまま

どこが違うのかな?

一緒に考えながら、直していくようにします。

5歳11ヶ月の長女は、7ピースのシルエットでも秒で終わってしまいます。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

長女はガイドやシルエットよりも「お片付け」が楽しいようです。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

ピースを木箱に収納するパターンは10種類以上あります。

長女はできるだけ毎回違うパターンでピースを入れ、楽しんでいます。

くもんの知育玩具 NEWたんぐらむ レビューまとめ

この記事では「【NEWたんぐらむ くもんの知育玩具レビュー 】図形感覚が身につく効果的なおもちゃ」について書きました。

くもんの知育玩具「NEWたんぐらむ」

くもんのNEWたんぐらむ」で遊ぶことで、手先が器用になり、図形の認識力が身につき、集中力もUPします。

数学的センスをみがくためにも、小さな頃からあそばせたい知育玩具の1つです。

うちの92歳のひいおばあちゃんも、ボケ防止のためにに「NEWタングラム」で遊んでいます。

ひ孫と同じおもちゃであそべて、曽祖母も喜んでいました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

にじまま @nijimama_mでした。

買ってよかったくもんの知育玩具【くもんの知育玩具おすすめ8選】買ってよかった公文式おもちゃ 数の感覚をも身につける方法 (2)【数の教え方】子どもに数の感覚を身につける方法【数の概念とは?】 買ってよかったくもんのカード【くもんのカードおすすめ7選】買ってよかった公文式カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です