【0〜4歳】買ってよかったおすすめ知育玩具・おもちゃ 29選

こどもちゃれんじVSベビーくもん比較 両方1年受講したおすすめを公開

こどもちゃれんじとベビーくもんの比較。どっちがおすすめ?

 

自宅で気軽にできる幼児教育として人気のある

「こどもちゃれんじ」と「ベビーくもん」

両方とも月の受講費が2,000円程度ということもあり、よく比較されています。

 

教材の内容はどう違うのかな?

どっちがうちの子には向いてるかな?

と、悩んでしまいまよね。

 

この記事では、もうすぐ2歳になる娘が「こどもちゃれんじ」と「ベビーくもん」を両方受講した効果を紹介しています。

無料体験や資料請求しただけの記事とは違い、1年以上受講した効果を徹底比較。

これからどちらを受講したら良いのか悩まれているあなたの、お役に立てる内容になっています。

 

ぜひ参考にしていただき、あなたのお子さんにとってぴったりな教材を選んでください。

 

「こどもちゃれんじ 」VS「ベビーくもん」比較

こどもちゃれんじとベビーくもんの料金・教材を比べてみました。

まずは料金と教材の比較です。

こどもちゃれんじ ベビーくもん
価格 月々 2,036円
12ヵ月分一括払いの場合、
月あたり1,697円
月謝 2,160円
対象年齢 0〜6歳向け(乳幼児向け) 0〜2歳向け
教材内容 DVD・知育おもちゃ(エデュトイ)・絵本・保護者向け冊子 絵本・知育カード・うたCD・やりとりぶっく・(文房具)・保護者向け冊子
教材受取り方法 郵送 手渡し
面談 なし あり

 

価格はほとんど同じですが、「こどもちゃれんじ」は、12ヶ月一括払いを選択するとお得になります。

 

「こどもちゃれんじ」について

こどもちゃれんじの口コミ評判

 

「こどもちゃれんじ」は、ベネッセコーポレーションの自宅で手軽にできる幼児教育で、月に1回、毎月1日までに教材が届きます。

こどもちゃれんじのコース
0〜1歳児向け:こどもちゃれんじ baby
1〜2歳児向け:こどもちゃれんじ ぷち
2〜3歳児向け:こどもちゃれんじ ぽけっと
3〜4歳児向け:こどもちゃれんじ ほっぷ
4〜5歳児向け:こどもちゃれんじ すてっぷ
5〜6歳児向け:こどもちゃれんじ じゃんぷ

詳しいコース確認は「しまじろうと一緒に豊かな体験を<こどもちゃれんじ>」をご覧ください。

他に英語専門コース「こどもちゃれんじEnglish」もあります。

関連記事 1・2歳向けこどもちゃれんじぷちイングリッシュのお試し教材の口コミと感想

 

「こどもちゃれんじ」の効果とメリット

こどもちゃれんじぷちのはみがき

 

「こどもちゃれんじ」の1番の効果は生活習慣が身につくことです。

親子だけでは大変な、歯みがきやトイレトレーニングをしまじろうがしっかりサポートしてくれます。

親の言うことは聞いてくれなくても、しまじろうの言うことなら聞いてくれるから不思議。

 

うちの娘は歯みがき嫌いだったのですが、しまじろうと一緒だと一生懸命磨いてくれるようになりました。

 

ひみつはDVD、知育おもちゃ(エデュトイ)、絵本の3つが連動していること。

DVDと同じ内容の絵本を読み聞かせしたあと、知育おもちゃを使用することで、小さな子供でも理解を深めることができます。

 

しまじろうと歯みがき

出典:こどもちゃれんじ

子供の歯みがきって思っている以上に大変じゃないですか。

でも歯みがきタイムにしまじろうの鏡を持たせるだけで、簡単に歯を磨かせてくれるんです!

しまじろうは、子育てを助けてくれる最強の助っ人なのです。

 

さらに、トイレに興味を持ち出したのもしまじろうのおかげ。

1歳半頃から自発的にトイレに向かい、おしっこが出ても出なくても、食後は必ずトイレに行くという習慣が身につきました。

 

「こどもちゃれんじ」の教材について詳しく知りたい方は『こどもちゃれんじぷち4月号の感想と口コミ!おしゃべりシュッポの効果は?』を参考にしてみてください。

 

「こどもちゃれんじ」は英語に力を入れている

しまじろう英語

 

英語教育が気になる方が年々増えてきています。

「こどもちゃれんじ」も英語に積極的に対応していて、DVDの内容が全て英語に切り替えることができるようになっています。

DVDを再生すると、日本語と英語が選べます。

英語教育も気になるな・・というあなたは、まず「こどもちゃれんじ」を英語で切り替えて子供に見せてみて、反応がよければ英語教材も検討してみると良いでしょう。

関連記事 英語の幼児教育は必要?英語耳はいつまで?子供が何歳まで?

 

↓ 無料お試し教材の請求はこちら ↓
こどもちゃれんじ

「こどもちゃれんじ」のデメリット

私が感じる「こどもちゃれんじ」のデメリットは4つありました。

  1. 毎月おもちゃが届くので、かさばってしまう
  2. 月々届くおもちゃの質に差がある
  3. 最低2ヶ月間は受講しなければならない
  4. 知育に力を入れている家庭には教材内容が頼りない

1. 毎月おもちゃが届くので、かさばってしまう

毎月、毎月、月齢に合わせたおもちゃが届くのでありがたいのですが、どんどん置き場所に困っていくのも事実・・。

うちでは2ヶ月分+お気に入りだけをおもちゃ箱に入れ、それ以外は収納しちゃっています。

ときどき過去の教材おもちゃと入れ替えすると、新鮮味があるようでまた遊んでくれます。

2. 月々届くおもちゃの質に差がある

これはすごい差があります。

この月すごく良いおもちゃなのに、次の月ショボーなんて普通。

これで月々同じ価格なのか・・と思うこともあります。

3. 最低2ヶ月間は受講しなければならない

はなちゃんお世話セット

上の『2. 月々届くおもちゃの質に差がある』とつながっているのですが、

「こどもちゃれんじぽけっと(2〜3歳向け)」の教材、しまじろうの妹「はなちゃんのお世話セット」は、とても人気のある知育おもちゃなんです。

「はなちゃんだけ欲しい!」と思っても、あともう1ヶ月受講しないといけないところが面倒。

1ヶ月だけ受講できるようになれば、もっと気軽に「こどもちゃれんじ」を導入できるのになーと感じています。

4.知育に力を入れている家庭には教材内容が頼りない

知育に熱心なご家庭や、4〜6月生まれのお子さんを持つパパママなら、1〜2歳児向けの「ぷち」のあたりから「もうちょっとレベルアップした内容でもいいかな・・」と思うようになるかもしれません。

「こどもちゃれんじ」は9月生まれの子に基準を置いて教材が作られているので「頼りない」と感じるのも当然かもしれません。

その場合はひとつ学年を繰り上げて受講することもできるのですが、

知育面ではひと学年上がいいけれど

生活習慣に関しては年齢どおりのほうがいいかも・・と悩んでしまうんですよね。

学年に合わせた教材なので、仕方ないことなんですけどね・・。

「ベビーくもん」について

ベビーくもんの口コミ評判

 

「ベビーくもん」は、忙しい親でも気軽に自宅できる公文式のことです。

対象年齢は0〜2歳。

月に1回30分程度、ベビーくもんの先生との面談があることが特徴です。

月謝は2,160円(税込)。入会金はありません。

2週間の無料体験を実施。

お試し期間は2月・5月・7~8月・11月の、年4回です。

無料体験の内容は『ベビーくもんの2週間無料お試し体験の口コミと感想』をご覧ください。

 

「ベビーくもん」の効果とメリット

ベビーくもん教材2号

 

「ベビーくもん」を1年続けた効果は『ベビーくもんが意味ないなんて口コミは嘘!1年間続けた効果と感想』に詳しく書いているのですが、

将来子供を公文式に行かせようかと迷っている方はぜひ無料体験から行ってみてください。

 

「ベビーくもん」は、公文式なのでやっぱり得られる1番の効果は知育。

学習の基盤が身についていきます。

公文は絵本の読み聞かせに力を入れており、読み聞かせをたくさんすればするほど賢い子になるとハッキリと言っています。

月に1回ある面談時でも

先生

読み聞かせ、何冊されました?

と聞いてこられます。

別に全然読み聞かせができてなくても怒られたりはしませんが、きちんと読み聞かせていれば「語彙力が増える」という効果がしっかりついてきます。

関連記事 【11ヶ月】絵本読み聞かせ「1日30冊で天才児」を3日間試した結果

 

「ベビーくもん」は教材を使って子供が伸びる土台作りをしてあげることができます。

親自身もどうやって子供と関われば伸ばしてあげることができるか、ということを学ぶことができます。

 

「ベビーくもん」には面談がある

「ベビーくもん」の最大の特徴は月1回面談があることです。

1回30分程度になります。

面談の日に教材を受け取り、使い方の説明を受けます。

その際に、教材の説明だけでなく、子育ての悩みも聞いてくれます。

  • 慣れない子育てについて
  • 上の子と下の子の関係をどうしていくか
  • ちっとも絵本を聞いてくれないのでどうしたらいいか

 

などなど、そのときそのときの悩みを聞いてくれ、答えてくれます。

 

「ベビーくもん」のコミュニティサイトがある

「ベビーくもん」にはコミュニティサイトがあります。

実際「ベビーくもん」に通ってみて効果はあったか?というリアルな声を聞けるだけでなく、

0〜2歳の子供を持つパパママとお話ができたり、質問することができるサイトです。

もちろん会員登録は無料

コメントを投稿すればポイントが溜まる仕組みになっていて、ポイントを使ってプレゼント抽選に参加することもできます。

よそのお家の知育事情を知れるきっかけにもなります。

「ベビーくもん」に通っていなくても、誰でも無料で参加することができます。

「ベビーくもん」に通うかどうか興味を持たれたなら、無料ですのでコミュニティサイトに会員登録だけでもしておくことをおすすめします。

↓ 無料会員登録はこちら ↓
Baby Kumon やりとりひろば

 

「ベビーくもん」のデメリット

私が感じる「ベビーくもん」のデメリットは3つあります。

  1. 教材のボリュームが少ない
  2. 「ベビーくもん」の良し悪しは先生の質で決まってしまう
  3. 英語教材がほぼない

「2」の良し悪しが先生で決まってしまう点は、対人間なので相性も深く関係しているので、とても大切なところです。

しっかり2週間の無料お試し体験で見極めて、受講するかしないかを決定する必要があります。

詳しいデメリットの内容については『ベビーくもんのデメリット』をご覧ください。

 

「こどもちゃれんじ」と「ベビーくもん」どっちがおすすめ?

こどもちゃれんじとベビーくもん、おすすめはどっち?

 

「こどもちゃれんじ」と「ベビーくもん」

結局どっちがおすすめなの?ということに関しましては、

生活習慣を身に付けたいあなたは「こどもちゃれんじ」

伸びる子供の土台を作ってあげたいあなたは「ベビーくもん」

両方必要!というあなたは我が家と同様、両方受講してください。

 

「こどもちゃれんじ」は圧倒的な存在である「しまじろう」がいます。

しまじろうと一緒に生活習慣や道徳を身につけることができます。

親だけで教えようと思うと意外と難しく、(親が)挫折していまいがちです。

ですが、しまじろうがいてくれるだけで、びっくりするくらいスムーズに生活習慣や道徳を小さな子供に伝えることができます。

さすがはベネッセ。しまじろうは子育ての頼もしい助っ人です。

 

知育面となると「ベビーくもん」です。

「こどもちゃれんじ」でも色や数の概念は身につきますが、「ベビーくもん」と比べるとかなり遅い段階でのスタートになってしまいます。

「ベビーくもん」は子供自身だけでなく、パパやママがどうやって子供に寄り添い、伸ばしていくかということも学べます。

知育に力を入れていきたい、将来は公文式に行かせたいと考えられているなら「ベビーくもん」です。

 

どちらも良い教材であることは間違いありません。

 

  • 「生活習慣・道徳」を身に付けさせたいか
  •  「学習の土台」を身に付けさせたいか

 

この2つで考えれば、答えはすぐ出るはずです。

 

この記事を読んで「こどもちゃれんじ」に興味を持ったあなたへ

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

「こどもちゃんれんじ」に興味を持ったけど、いきなり受講するのは勇気がいるな〜、

子供が喜んでくれるかどうか分からないし・・というあなたは、資料請求をしましょう。

無料でDVDや教材を試すことができます。

無料お試し分でもかなり楽しめますので、ぜひ請求してください。

 

↓ 無料お試し教材の請求はこちら ↓
こどもちゃれんじ

 

この記事を読んで「ベビーくもん」に興味を持ったあなたへ

「ベビーくもん」は2週間のお試し体験ができるので、体験してから受講するかどうか決めてください。

ベビーくもん公式サイトは >>こちら

 

お試し体験するまでにベビーくもん事情をもっと知りたいあなたは、

ベビーくもんのコミュニティサイト「やりとりひろば」をチェックしてみてください。

実際ベビーくもんに通ってみてどんな感じ?というリアルな声が聞けます。

それだけでなく、0〜2歳の子供を持つパパママの子育て事情を知れたり、悩み相談までできます。

コミュニティに投稿するとポイントがたまり、たまったポイントを使うとプレゼントの抽選に参加できます。

ストレス発散にも一役買ってくれるサイトです。無料ですので、会員登録しておきましょう。

 

無料会員登録で
↓ プレゼントが当たる! ↓
Baby Kumon やりとりひろば

 

まとめ

こどもちゃれんじとベビーくもん比較:まとめ

「こどもちゃれんじ」と「ベビーくもん」を1年以上受講してみた効果と評価について紹介しました。

「こどもちゃれんじ」をおすすめする人

  • 生活習慣や道徳を楽しく身に付けさせたい
  • 子供が喜ぶDVDや知育おもちゃが欲しい
  • 英語教育に興味がある
  • ひとりでも遊んでくれる教材が欲しい

「ベビーくもん」をおすすめする人

  • 子供を伸ばすための土台作りをしたい
  • 月1回の面談で話を聞いて欲しい
  • 絵本の読み聞かせに力を入れたい
  • 親子のふれあい時間を大切にしたい

 

どちらも良い教材で、それぞれに良いところがあります。

「こどもちゃれんじ」のお試し教材請求も、

「ベビーくもん」の2週間体験もどちらも無料ですので、

ぜひどちらも体験し、実際に比較してみてください。

その上で、どちらがあなたのご家庭の教育方針に合うか、ぜひ検討してみてください。

 

「こどもちゃれんじ」無料お試し教材請求はこちら ⇒ こどもちゃれんじ

「ベビーくもん」2週間無料体験申し込みはこちら ⇒ ベビーくもん

 

「ベビーくもん」にはベビーくもんに通っていなくても無料で登録できるコミュニティサイトもあります。

登録して様子を見て判断することもおすすめです。

無料会員登録で
↓ プレゼントが当たる! ↓
Baby Kumon やりとりひろば

 

この記事を見て「こどもちゃれんじ」にするか、「ベビーくもん」にするか、両方するのか。

決定するきっかけになれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です