【くもん ひらがなことばカード レビュー 】ひがらなの理解を深める公文式カード

ひらがなことばカード

くもんのカードコレクター?の にじまま( @nijimama_m)です。

 

にじまま

「ひらがなことばカード」は私個人的に好きなカードです!

くもんのひらがなことばカード

このカードで遊ぶと、ぐっと語彙が増えるし、気がつくとひらがなが読めるようになってくれるんです!

くもんの国語の教材にも「ひらがなことばカード」が採用されています。

くもんの国語教材

この記事では、「【くもん ひらがなことばカード レビュー 】ひがらなを理解を深めるカード」について書いています。

くもんの「ひらがなことばカード」ってどんなカード?

くもんの「ひらがなことばカード」は対象年齢0歳からのカードです。

0〜1歳では語彙を増やすために、2〜3歳以上からはひらがなを読む練習に最適です。

ひらがなことばカード

「ひらがなことばカード」は、身のまわりにある親しみやすいことばを中心に40語を収録。

カード表面は、ひらがなの単語とそれに対応するイラスト、そして小さく英単語、

ひらがなことばカード

裏面は、ひらがなで大きく単語が掲載しています。

ひらがなことばカード

カードには穴が開いているので、リングを通して使うことができます。

ひらがなことばカード

公文式教室では、ひらがな一文字よりも先に、単語や文からひらがなを学習します。

 

くもんの先生

単語や文で先に学ぶほうが、すらすら読めるようになるんですよ

実際、ひらがな一文字から学習してしまうと「ひよこ」という文字の場合、

ひらがなことばカード

「ひ」「よ」「こ」と一文字づつ読むことができても、「ひよこ」と単語で認識できないことが多いです。

つまり、文字のひとつひとつは読めても、それが集まって単語になるという概念が理解できないのです。

国語力を深めていくためにも、まずは単語や文でひらがなを伝えていくことをおすすめします。

くもんの「ひらがなことばカード」の効果的な遊び方

ひらがなことばカード

「ひらがなことばカード」で得られる効果は主に4つです。

  1. 語彙が増える
  2. 文字に興味を持つようになる
  3. 記憶力の向上
  4. ひらがなが読めるようになってくる

「ひらがなことばカード」の効果を実感した遊び方を紹介します。

「ひらがなことばカード」0〜1歳頃におすすめの遊び方

カードを絵本の読み聞かせのように表面を見せ、読み上げます。

ひらがなことばカード

子どもの集中力が続くようであれば、40枚すべて読み上げます。

ひらがなことばカード

にじまま

この前見たね

ひらがなことばカード

にじまま

今日履いてお出かけしたね

ひらがなことばカード

にじまま

ピヨピヨって鳴くんだよ

など、身の回りの出来事や、物と関連づけて話をすると、覚えが早くなります。

単語を読み上げるときに、一緒に声が出せたら褒めてあげてください。

ことばがまだしっかり話せない月齢であれば、

 

にじまま

あうーー

と声を出せただけでも褒めてあげてください。

学習ポイント

  • とにかく褒めること!
  • 親が焦ったり、無理強いはしないこと。
  • お気に入りのカードが見つかったら、毎回そのカードからカード遊びをスタートする

「ひらがなことばカード」2〜3歳以上におすすめの遊び方

カードの表面を見せながら

ひらがなことばカード

にじまま

ひよこ

にじまま

ひよこ

と、子どもと一緒に読みます。

次に、裏面の文字を子どもに見せて

ひらがなことばカード

にじまま

これは何と読むかな?

と聞きます。

にじまま

ひよこ!

と答えられたら、褒めてあげてください。

次に2枚裏面を見せて

ひらがなことばカード

にじまま

どっちがひよこ?

と聞きます。

答えられなくても焦らず、親が楽しそうにすることが大切です。

繰り返し続けることで、必ずひらがなが読めるようになっていきます。

学習ポイント

  • 絵を見て答えても◎
  • 絵本の読み聞かせのような感覚ですすめる
  • 子どもの名前に関連するひらがなから始めると、興味を持ちやすい

 

にじまま

うちの子もこの方法で徐々に、ひらがなが読めるようになってきました!

表面を見てから裏面の文字を答える作業で記憶力の向上にもつながります。

「ひらがなことばカード」で慣れ親しんでから「ひらがなカード」で一文字の理解を深めます。

くもん「ひらがなカード」

「ひらがなカード」には、あいうえお表も付いているので、使い勝手が良く、おすすめです。

くもんのひらがなカード

「ひらがなカード」の詳しい内容を見る ⇒

くもんのひらがなカード【くもん ひらがなカード レビュー 】ひがらなが読めるようになる公文式カード

くもんの「ひらがなことばカード」レビューまとめ

ひらがなことばカード

この記事では、「【くもん ひらがなことばカード レビュー 】ひがらなを理解を深めるカード」について書きました。

「ひらがなことばカード」は、0歳から遊べるカードで、語彙力をアップすることができます。

また、ひらがな読みの練習にも最適です。

ひらがな一文字から教えるよりも、単語や文で丸ごと語りかけてあげるほうが、確実に理解が深まります。

 

にじまま

一見、遠回りっぽいんですけどね。

小さい頃から見せて遊ばせていれば、語彙力もアップするし、ひらがなを読むのも早くなります!

くもんのカードは国語系に強いです!

数学的センスは知育玩具のほうがあるな、と思います。

くもんの知育玩具【くもんの知育玩具おすすめ9選】買ってよかった公文式おもちゃ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

にじまま( @nijimama_m)でした。

くもんのカード【くもんのカードおすすめ5選】買ってよかった公文式カード くもんの知育玩具【くもんの知育玩具おすすめ9選】買ってよかった公文式おもちゃ くもんのひらがなカード【くもん ひらがなカード レビュー 】ひがらなが読めるようになる公文式カード おすすめ知育玩具20選【知育玩具のおすすめ20選】買ってよかった後悔しないおもちゃ【0〜4歳年齢別】 ひらがなの読み書きは何歳から?いつ教えたらいいの?【ひらがなの教え方】年少になるまでに読めるようになった方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です